八幡次郎好酉のプロフィールへジャンプする





マレーシア ランカウイ島 Pulau Langkawi
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
アカオサメビタキ (赤尾鮫鶲)

写真①
① アカオサメビタキ 成鳥 フレイザーズ・ヒル マレーシア Fraser's Hill, Malaysia 2010/05/26 Photo by Kohyuh
アカオサメビタキ 成鳥
フレイザーズ・ヒル マレーシア
Fraser's Hill, Malaysia
2010/05/26 Photo by Kohyuh




写真②
② アカオサメビタキ 成鳥 フレイザーズ・ヒル マレーシア Fraser's Hill, Malaysia 2010/05/26 Photo by Kohyuh
アカオサメビタキ 成鳥
フレイザーズ・ヒル マレーシア
Fraser's Hill, Malaysia
2010/05/26 Photo by Kohyuh



アカオサメビタキ (赤尾鮫鶲)  *201 *205 *212 2012/02/14
スズメ目 Passeriformes
ヒタキ科 Muscicapidae
 学名 Muscicapa ruficauda
 英名 Rusty-tailed Flycatcher

 全長 (L) = 12-14 cm
 雌雄同色

戻る 2010年 5月 26日 次へ
 今日で ジャンダ・バイクの宿舎 での滞在を終わり、フレイザーズ・ヒル Fraser's Hill へ向かうことになっている。

 Sさん の農園がある、ここジャンダ・バイク Janda Baik は、クアラ・ルンプール Kuala Lumpur と フレイザーズ・ヒル Fraser's Hill との中間地点に相当するようである。






 この ジャンダ・バイクの宿舎 から フレイザーズ・ヒル まで車で 1.5時間ほどかかるというのに Sさん が送ってくれるという。 そのあとまた、彼はクアラ・ルンプール Kuala Lumpur まで帰らないといけないから、さらに 3時間あまりかかるはずだが ・・・ お言葉に甘えることにした。



 フレイザーズ・ヒルでは 2泊して、またクアラ・ルンプール Kuala Lumpur に戻る予定だ。 まだ、ここのホテルは予約していないがリゾート地なので何とかなるだろう。 それに、ハイシーズンではないから ・・・

 ただ、クアラ・ルンプールへ帰る日のホテルは、ジャンダ・バイク Janda Baik へ行く前に予約済みである。 ・・・ というのも、身軽にするため、ハードケースを一つ預かってもらう目的もあったからだ。





フレイザーズ・ヒル Fraser's Hill
 ここはクアラ・ルンプール Kuala Lumpur から北へ約 100km のところにあり、海抜 1520m という高地なので、平均気温 21-23℃ というから、涼しくて、古くから避暑地として高い人気がある高原リゾートだ。 また、バードウォッチング の名所としても世界に知られており、約270種もの野鳥が観察されるという。

 cf. バード・レース Bird Race
 cf. バードソン Birdathon



 歴史的には、英国スコットランド) のルイス・ジェームズ・フレーザー Louis James Fraser という人が、ここでスズ鉱石 tin ore の交易所 trading post を開いたことに由来する。 1890年のことである。

 当初は金鉱を探していたようだが、代わりにスズ鉱石 tin ore が見つかったのである。 当時はまだ英国軍隊も及ばぬ未開の地であったが中国人などを雇って開発に乗り出した。

 また、採掘されたスズの鉱石を ギャップ Gap まで、ロバなどを使って運び降ろす道路も建設したのである。 ここからは近隣の町へのアクセスが可能である。

 さらに、鉱山労働者の居住区に賭博場やアヘン吸飲所 Opium den を造ったりして利益を独り占めにしたようだ。 ただ、それから 25年後、かれは忽然と姿を消したのだが ・・・ その消息はわからないままである。

 その後、この地が低地の猛暑から逃れることができる高原避暑地 Hill station として有名になって行くのである。

 by Wikipedia







化粧直し中のフレイザーズ・ヒルの City Center 2010/05/26 Photo by Kohyuh
化粧直し中のフレイザーズ・ヒルの "City Center"
2010/05/26 Photo by Kohyuh




 
ギャップ Gap
 フレイザーズ・ヒルにいたる道路は、かって上り車線と下り車線の2本あったが、一本が地滑りで崩れたため片側通行になっていた。 登りが偶数時間の 00-40分、下りが奇数時間の 00-40分と決められている。

 かっての領主国である英国が造った道路は無事だったが、新しくマレーシア国産の技術で造られた方が崩れたらしい。 マレーシアの面目丸つぶれというもっぱらの評判だ。


 フレイザーズ・ヒルの麓のギャップ Gap という所で待たされた。 丁度、登りが締め切られて、下り専用の道路となったため、一時間待ちである。 ギャップから 8kmほどの険しい登り道である。

 ただ、道路自体は立派な舗装道路で、これぐらいのものなら日本では規制無しで、対面通行しているところはいくらでもあるのだが ・・・


 このギャップ Gap では、土産物屋がある程度で、片側は木立ちに覆われた深い谷になっていた。 時間つぶしにカメラを取り出して撮ったのが、このアカオサメビタキである。








同定理由
・さび色の翼と体上面
・赤っぽい尾羽

【補注】
 証拠写真もさることながら、手持ちの図鑑には該当するものがなかったので、ネット情報に頼った。 従って、いささか同定には自信がない。




渡り *201 *212
 アカオサメビタキの分布状況の詳細は不明だが、インド、パキスタンなどを含む、かなり広範囲に棲息しているようだ。




食べもの *201
 アカオサメビタキの食べ物の詳細は不明。




名前の由来 *31
 アカオサメビタキの名前の由来については図鑑に記載がない。 ただ、英名の直訳だろうが "あかお" は "赤尾" であり、「尾羽が赤いサメビタキの仲間」 ということは見ればわかる。








英名の意味
rusty さび色の、色のさめた
tailed [複合語をなして] 尾が…の
flycatcher 〔鳥〕 ヒタキ 《ハエを捕食する小鳥》; タイランチョウ 《南北アメリカ産》
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
ヒタキ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示



 

野鳥一覧意戻る




履歴
2012/02/14 ロゴ統一更新
2010/09/06 初版公開










アカオサメビタキ (赤尾鮫鶲) Rusty-tailed Flycatcher (Phaenicophaeus tristis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾