八幡次郎好酉の鳥紀行





トレド旧市街の夕暮れ スペイン Toledo, Spain
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
ベニハシガラス (紅嘴鴉)

写真①
ベニハシガラス 成鳥  アルカサル セゴビア スペイン Alcázar, Segovia, Spain 2005/04/18 Photo by Kohyuh
ベニハシガラス 成鳥
アルカサル セゴビア スペイン
Alcazar, Segovia, Spain
2005/04/18 Photo by Kohyuh



ベニハシガラス (紅嘴鴉) *203  2012/03/14
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 Pyrrhocorax pyrrhocorax
 英名 Red-Billed Chough
 全長 (L) = 38 cm

仲睦まじい
 嘴 くちばし が紅色だから、ベニハシだろう。 それにしても、このベニハシガラスの仲睦まじい光景はどうだろう。 飛び立つ時は、一緒に飛び立つ。 また、一緒に帰ってきては、痒いところを掻いてやる。 「う~~ん たまらない」 と恍惚の表情が読み取れる。 二羽だけでいた。

 cf. チャフ








ベニハシガラス ボイ渓谷 スペイン
ベニハシガラス 飛姿
ボイ渓谷 スペイン
2005/05/22 Photo by Kohyuh
エデンの園のように
 私が観る限り、餌探しに、駆けずり回っているようではない。 この辺りには、恵まれた自然がある。

 このアルカサルは断崖に立ち、周りは、イタリアのトスカーナのような緑濃き丘陵が広がっているから、採餌にも困らないのであろう。

 ツバメや ニシコクマルガラス もいたし、コウノトリ (シュバシコウ) も悠然と大空を舞う。 実に平和な風景があった。

 このベニハシガラス (写真①) を観ていると、まるで、エデンの園にいた頃のアダムとイヴの様ではないか。 このまま、いつまでも、エデンの東に追われることの無いように祈る。

 cf. 同じ世界観 ・・・ 天国と極楽浄土
 cf. 楽園の在り方
 cf. 同じ世界観 ・・・ (エデンの東)










 始めは、クロウタドリ か、キバシガラス かと思っていたが、見直してみると嘴も脚も赤い。 だいたい、クロウタドリ は単独で見ることが多いし、キバシガラスス がこんな雪もない丘陵にいる訳がない。








遊ぶために飛ぶ
 普通、鳥が飛ぶ時は、必要だから飛ぶ。 要するに、移動する時や餌をとるときや逃げる時がそうだ。 ところが、このベニハシガラスは、風に乗って遊ぶために飛ぶことがある。

 遊ぶという行動は、どんな動物でもするというものではない。 印象的だったのは、後日訪れた、ボイ渓谷 Vall de Boi で観たベニハシガラスの群れだ。 しかし、家族であろう。 見上げるようなダムの壁の中腹に、五六羽でいたから。










これは遊び?
 ボイ渓谷の奥には、天ヶ瀬ダムほどのダムがある。 ダムの上に立つと、立っていられない程の風が、ダムの壁から吹き上げてくる。


 そのダムの中腹の壁には、吹き溜まりがあるのだろう、ベニハシガラスが、そこから飛び立って、嵐のように吹き上げる風の中に、わざと突っ込む。

 たちまち、ベニハシガラスは垂直に吹き飛ばされるが、一瞬反転して、翼を閉じると、真ッ逆さまに落ちていく。

 すると、頃を見て、また、翼を広げ、方向転換する。 そして、再び、風の中に突っ込む。

 それを、二羽か三羽で、まるで妙技を競うかのようにして、上下反転飛行を繰り返えしている。 観ていても面白く、また、楽しそうである。

 そのようにして、しばらく遊ぶと、先ほどの吹き溜まりに戻って休む。 するとまた、別のベニハシガラスが、妙技を披露するから、遊んでいるとしか思えない。

 私も一緒になって観戦する。 実際に、遊んでいるのであろう。


 コクマルガラス (ニシコクマルガラスのこと) が、嵐の日に、これと同じような行動をする様子が 「ソロモンの指環」 に紹介されていたのを思い出す。

 cf. ソロモンの指環
 cf. ソロモンの指輪の世界
 cf. 鬼より恐いもの

ベニハシガラ ボイ渓谷 スペイン 2005/05/22 Photo by Kohyuh
ベニハシガラス
ボイ渓谷 スペイン
2005/05/22 Photo by Kohyuh









 車は眼下に ・・・
巨大なダム ボイ渓谷 スペイン 2005/05/22 Photo by Kohyuh  車が入れるのは眼下に見える駐車場までである。 そこへ降りていくのも怖いような車道であったが、ここまで歩いて上ってくるトレッキング 用の路は、もっと怖かった。

 さらに怖かったのは、ダム上の道を少し行った所にある岩盤に取り付いて、岩登りをしているグループを見たときである。 ここを基点に トレッキング や岩登りや本格的な登山ができる。
巨大なダム
ボイ渓谷 スペイン
2005/05/22 Photo by Kohyuh










英名の意味
red 赤い
billed [通例複合語をなして] (…の)くちばしのある
chough ベニハシガラス
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
チャフ アイルランドの幻の鳥



 




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2008/04/19 スタイル統一
2007/12/20 復刻・改訂版リリース











ベニハシガラス (紅嘴鴉) Red-Billed Chough (Pyrrhocorax pyrrhocorax) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾