八幡次郎好酉の鳥紀行




ドナウデルタ河畔の夕暮れ ルーマニア Delta Dunarii, Romania
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
クロウタドリ (黒歌鳥)

写真①
① クロウタドリ ♂ ブカレスト ルーマニア Bucuresti, Romannia 2008/06/09 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 成鳥 ♂  ブカレスト ルーマニア
Bucuresti, Romannia 2008/06/09 Photo by Kohyuh



写真②
② クロウタドリ 成鳥 ♂ サン・ジェルマン・アン・レー フランス  St Germain en Laye, France 2004/04/20 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 成鳥 ♂
サン・ジェルマン・アン・レー フランス
St Germain en Laye, France
2004/04/20 Photo by Kohyuh



写真③
③ クロウタドリ ♀ アランフェス スペイン Aranjuez, Spain 2005/04/20 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 成鳥 ♀
アランフェス スペイン Aranjuez, Spain
2005/04/20 Photo by Kohyuh



写真④
④ クロウタドリ 成鳥 ♀ エジンバラ城 スコットランド Edinburgh Castle, Scotland 2009/05/16 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 成鳥 ♀  エジンバラ城 スコットランド
Edinburgh Castle, Scotland
2009/05/16 Photo by Kohyuh



写真⑤
⑤ クロウタドリ 幼鳥 シナイア ルーマニア Sinaia, Romania 2008/06/12 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 幼鳥  シナイア ルーマニア
Sinaia, Romania 2008/06/12 Photo by Kohyuh



写真⑥
⑥ クロウタドリ 幼鳥 セント・アンドリュース スコットランド St. Andrews, Scotland 2009/05/19 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 幼鳥  セント・アンドリュース スコットランド
St. Andrews, Scotland 2009/05/19 Photo by Kohyuh



写真⑦
⑦ クロウタドリ 幼鳥 シナイア ルーマニア Sinaia, Romania 2008/06/12 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 幼鳥  シナイア ルーマニア
Sinaia, Romania 2008/06/12 Photo by Kohyuh



クロウタドリ (黒歌鳥)  *203 *205 *207 2012/03/14
スズメ目 Passeriformes
ツグミ科 Turdidae
 学名 Turdus merula
 英名 Blackbird

 全長 (L) = 28 cm

 2008年 6月 12日
 シナイア僧院 の近くで見知らぬ鳥に出逢った。 その 写真⑤⑦ がクロウタドリの 幼鳥 とは、そのとき気がつかなかった。 トラツグミ にしてはちょっと違うし、ウタツグミ にしてもちょっと違う。






 幼鳥 であることは直ぐ分かるのであるが、普通、幼鳥と言えども、どこか成鳥の面影があるもので、大体想像がつく。 その思惑が、今回、まったく外れてしまったようだ。 このクロウタドリを想像できなかったのである。

 いま思えば、ゴイサギササゴイ幼鳥の "星模様" とどこか似ている。 特に、ゴイサギの幼鳥のように、"ホシゴイ" と、わざわざ別名で呼ばれるのは、そこから 成鳥 の姿を想像しにくいからではなかろうか。








シナイア僧院 Sinaia Monastery
 シナイア Sinaia は、「カルパチアの真珠」 といわれて、ルーマニアの首都ブカレスト Bucharest からも近く、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして人気があるという。 カルパチア山脈の中腹の標高 800m にある景勝地である。


 17世紀になって、ここに "シナイア僧院" が建立されたことから、ブカレストの王侯貴族の別荘地として、町は繁栄していったという。

 中でも、ルーマニア王室の夏の離宮だった "ペレシュ城 Castelul Pereş" は、ルーマニアで最も壮麗な城と讃えられている。




シナイアのペンション
シナイアのペンション
シナイアのペンション

 そういった貴族のお屋敷も多々あるのだが、今は観光客の宿として利用されているところもある。

 シナイア僧院の近くの、かってのお屋敷らしきところに私たちも泊まったが、管理人が一人で切り盛りしていた。

 中に入ってみれば、どこもかしこもガタピシとした風情で、手をかければ高級ホテルとして十分通用するのにと思うが、何か、もったいない気がしたものだった。

 もちろん、時流に乗って成功しているお屋敷も多いのだが ・・・ いづれにしても、ルーマニアは発展の途上にある。










Sinaia Monastery
シナイア僧院 Sinaia Monastery 2008/06/12 Photo by Kohyuh
シナイア僧院 Sinaia Monastery
2008/06/12 Photo by Kohyuh











2008/04/18
 ヨーロッパ、英国に主に 留鳥 として広く分布する。 どこでも、行く先々で出会うが、いつも心が安らぐのは何故だろうか。


 鳥紀行フランス編の 冒頭 にも記したように、私が バードウォッチング を趣味として始める前から気にかかっていた鳥ということもある。 また、スズメのように群れたりはせず、それでいて孤高を守るという風な気取ったところは微塵もないから、親近感を持てるのだろう。



クロウタドリの雌雄の違い
 雄は全身が黒く、嘴
くちばし と アイリング が黄色くよく目立つ。
 雌は、嘴とアイリングも含めて、全体的に色が薄い。
 さらに、雌は胸から下に、黒っぽい縦班がある。






クロウタドリ 成鳥 ♂ アランフェス スペイン Aranjuez, Spain 2005/04/20 Photo by Kohyuh
クロウタドリ 成鳥 ♂
アランフェス スペイン
Aranjuez, Spain 2005/04/20
Photo by Kohyuh
クラウタドリの水浴び?
 この写真③の雌は、物怖じしなかった。 そして、この45度の姿勢は、紛れもないツグミのポーズにそっくりである。

 また、連れ合いとおぼしき雄 (写真右) は遠巻きに、こちらを見ているだけであった。




 面白いことに、噴水の池の中に立っていたが、クロウタドリが水に入いるのは、初めて見る光景である。

 一体これは何のためだろうか。 ミミズが大好物のクロウタドリだから、食べものを探している訳ではないはずだ。

 たぶん、水浴びのためだと思うが、その場所が、浅いか深いか見極めて入らないと溺れてしまうに違いない。









英名の意味
blackbird 〔鳥〕 クロウタドリ (ヨーロッパ産のツグミ科の鳥)
 英国で美しく鳴く鳥として親しまれている
black: 黒い
bird:
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
ツグミ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
はじめに 鳥紀行 フランス編
クロウタドリ 上海にて



 




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/12/17 写真⑥入替
2008/08/03 写真④追加、写真番号変更④⑤⑥→⑤⑥⑦
2008/08/03 写真④⑤⑥追加
2008/07/25 写真①追加
2008/04/18 スタイル統一










クロウタドリ (黒歌鳥) Blackbird (Turdus merula) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾