八幡次郎好酉のプロフィールへジャンプする





マレーシア ランカウイ島 Pulau Langkawi
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
ヒメカザリオウチュウ (姫飾烏秋)

写真①
① ヒメカザリオウチュウ 成鳥 フレイザーズ・ヒル マレーシア Fraser's Hill, Malaysia 2010/05/27 Photo by Kohyuh
ヒメカザリオウチュウ 成鳥
フレイザーズ・ヒル マレーシア
Fraser's Hill, Malaysia
2010/05/27 Photo by Kohyuh



写真②
② ヒメカザリオウチュウ 成鳥 フレイザーズ・ヒル マレーシア Fraser's Hill, Malaysia 2010/05/27 Photo by Kohyuh
ヒメカザリオウチュウ 成鳥
フレイザーズ・ヒル マレーシア
Fraser's Hill, Malaysia
2010/05/27 Photo by Kohyuh



写真③
③ ヒメカザリオウチュウ 若鳥 フレイザーズ・ヒル マレーシア Fraser's Hill, Malaysia 2010/05/27 Photo by Kohyuh
ヒメカザリオウチュウ 若鳥
フレイザーズ・ヒル マレーシア
Fraser's Hill, Malaysia
2010/05/27 Photo by Kohyuh



 ヒメカザリオウチュウ (姫飾烏秋)  *201 *205 *212 2010/09/30
スズメ目 Passeriformes
オウチュウ科 Dicruridae
 学名 Dicrurus remifer
 英名 Lesser Racket-tailed Drongo

 全長 (L) = 25 cm + tail
 雌雄同色

戻る 2010年 5月 27日
 現地の バードウォッチングガイドのおじさん が、ジャングルに入っていった。 入口には "Hemmant Trail" と書かれた案内板と、その横には入口を示す鳥居のような格好の木枠があった。








 そう言えばおじさんは昨日、ゴルフ場周辺を案内すると言っていたが、入口はそのすぐ近くだった。 この Hemmant Trailヒメカザリオウチュウがいたのである。

 何しろジャングルの中であるから枝葉が邪魔をして指差しだけでは良く分からない。 そのとき、ガイドのおじさん
がレーザーポインタで照らして、その位置を教えてくれたのである。 グリーン色だったがよくわかった。

 cf. 感心したこと



トレイル trail
 (荒野などの)踏みならされてできた道、(山中などの)小道
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998

 cf. トレッキング trekking






Hemmant Trail
Hemmant Trail
Hemmant Trail
 このジャングル道は案内板によると、全行程 1km の広くて平坦な道で、障害物となるものも比較的少ないという。

 この名前の由来は、現在の 9ホールのゴルフコースを 1920年に設計した "Frank Hemmant" という建築家に因んだものらしい。

 彼は、かって何の利用価値もないと思われた、この狭苦しいような山峡の地を最大限に生かして、新たな利用価値を生み出したのだという。 ここ フレイザーズ・ヒル には、こうした トレイル Trail が 8ヵ所ある。


 道は、それほど広くはないが、ロープが張ってあったり、坂道には滑らないように階段もあったりして、危険な感じはまったくなかった。








同定理由
・尾羽にラケット状の飾羽が付いている。
 また、この飾羽は、写真③ のように、ときに欠けていたり、無かったりするようだ。
・前頭部の密生した短い羽毛(冠羽)が嘴
くちばし の基部上部にオーバーラップしている。





渡り *201 *212
 ヒメカザリオウチュウは、ミャンマー、ラオス、タイ、ベトナム、カンボジア北部、マレーシア中央部、中国南部などで 留鳥 として周年生息している。

 ヒメカザリオウチュウは、高山性の鳥で、カザリオウチュウ がいなくなる、800m から高木限界点 tree limit 付近で棲息する。 また、カザリオウチュウと同様に物真似が上手い。




食べもの *201
 ヒメカザリオウチュウは、主に 昆虫 を捕食する。 よく バードウェーブ bird wave の中で見ることが多いという。




名前の由来 *31
 ヒメカザリオウチュウの名前の由来については図鑑に記載がない。 ただ、"姫" と冠がつくのは、よく似た仲間のカザリオウチュウに比べて小型だからだ。


 cf. オウチュウの名前の由来
 cf. ヒメウの名前の由来
 cf. ヒメオオモズの名前の由来





英名の意味
lesser 小さい方の
lacket-tailed ラケット状の尾をした
drongo 〔鳥〕 オウチュウ: スズメ目 オウチュウ科の総称
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
オウチュウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示



 

野鳥一覧意戻る




履歴
2012/02/14 ロゴ統一更新
2010/09/30 初版公開










ヒメカザリオウチュウ (姫飾烏秋) Lesser Racket-tailed Drongo (Dicrurus remifer) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾