八幡次郎好酉の鳥紀行





モール地区 ワシントンDC the Mall, DC, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
マガモ  (真鴨)

写真-20130526a
写真-20130526a
マガモ ペア

"リフレクティング・プール" 脇 ワシントンDC 米国
Reflecting Pool side, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh




写真-20130526b
マガモ 雛 (2態)
写真-20130526b マガモ 雛 (2態-1)
写真-20130526b マガモ 雛 (2態-2)
マガモ 雛 (2態)

"リフレクティング・プール" 内 ワシントンDC 米国
Reflecting Pool, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh



マガモ  (真鴨)  *215_p26 2014/10/14
カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
 学名 Anas platyrhynchos
 英名 Mallard
 全長 (L) = 58 cm
 留鳥 (ワシントンDC)

戻る 2013年 5月 25日 次へ
 今日は、ワシントンDCを象徴する地域と言われる "ザ・モール The Mall" の街歩きをした。 このマガモたちとは "リフレクティング・プール" で出逢った。 渡りをしないで、ここに居ついているのであろう。

 cf. コブハクチョウ
 cf. カナダガン
 cf. カルガモ
 cf. ホンケワタガモ





リフレクティング・プール Reflecting Pool
 "Reflect" は 「反射する」 の意味で、記念碑などの前にプールを設けて、水面 みずも にその姿を映し出すもの。 ここでは、ワシントン記念塔 Washignton Monumentリンカーン記念館 Lincoln Memorial を映し出すために設けられた。

 cf. Photo6Photo7Photo8





Reflecting Pool
Reflecting Pool Wasington, DC, America 2013/05/26 Photo by Kohyuh
リフレクティング・プール に映るワシントン記念塔
これでも入りきらないのだ

Reflecting Pool, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh










モール地区 (2景)

 "モール地区 The Mall" は、東は国会議事堂、西はポトマック川までのエリアで、
その両側を Constitution Ave. と
Independence Ave. という二つの大通りが走っている。

見た感じは、まさに真直ぐな一本の巨大なモールのようで、
ワシントンDCを象徴する地域になっている。

cf. セントラル・パークのザ・モール




Photo1
モール地区 (2景-1)
国会議事堂 the Capital を望む



Photo2
モール地区 (2景-2)
この場で振り返って
ワシントン記念塔を望む
その向うにリンカーン記念館があり、
さらに、その後ろにはポトマック川が控えている。


モール地区 (2景) 
The Mall, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh






ワシントン記念塔 Washignton Monument
 このモールリンカーン記念館に向かって歩き出すが、ここからは未だその姿は見えない。 目に入るのはアメリカ合衆国の初代大統領ジョージ・ワシントン George Wasington の偉業を称えて建てられた "オベリスク" を模した巨大な塔である。

 cf. Photo2
 cf. クレオパトラの針


 この、高さ 169.3m というのは、石造建築物としては全米 No.1 ということである。 また、条例により、これより高い建造物を建ててはいけないことになっている。

 エレベータで塔の上にある展望所まで行けるようだが、残念ながら改装工事中であった。







リンカーン記念館を訪ねて (13景)

Photo3
リンカーン記念館を訪ねて (13景-1)

ワシントン記念塔を通り過ぎると2本の星条旗が棚引く姿が目に入る。
何となく、これが第2次世界大戦記念碑 National World War II Memorial だとわかる。
cf. キーウェストの戦争記念碑


当時のアメリカの48州と、フィリピン等の8つの管轄地を合せて、
それらを56個の石柱で表した。

さらに、レインボー・プール Rainbow Pool を中央にして、
向かって左が太平洋側 Pacific を
右が大西洋側 Atrantic を
向き合うようにアーチ形に配置したデザインとなっている。




Photo4
リンカーン記念館を訪ねて (13景-2)
レインボー・プール Rainbow Pool と
太平洋側 Pacific のアーチを望む



Photo5
リンカーン記念館を訪ねて (13景-3)
ミシシッピー州の石柱
他の石柱も全て同じ飾り付かげされていた



Photo6
リンカーン記念館を訪ねて (13景-4)
Reflecting Pool (1)
リンカーン記念館 Lincoln Memorial が見える



Photo7
リンカーン記念館を訪ねて (13景-5)
Reflecting Pool (2)
ワシントン記念塔 Washignton Monument が見える



Photo8
リンカーン記念館を訪ねて (13景-6)
Reflecting Pool (3)
ライブ演奏の演台があり、
一人の男性がキーボードで弾き語りしていた。



Photo9
リンカーン記念館を訪ねて (13景-7)
リンカーン記念館 Lincoln Memorial 東側正面から



Photo10
リンカーン記念館を訪ねて (13景-8)
エイブラハム・リンカーン Abraham Lincoln 像 (1)

館内は大変な混雑ぶりでカメラアングルに苦労する



Photo11
リンカーン記念館を訪ねて (13景-9)
「ゲティスバーグ演説」 が刻まれている南側の壁



ゲティスバーグ演説 The Gettysburg Address
"that government of the people, by the people, for the people"
という言葉は最終段落に記されているのが見える。

272語 1449字 約 2分間のスピーチは、
まさに、このときアメリカの誇りに変わった。

cf. ゲティスバーグ演説・全訳



それでも ・・・ 気づかされる。
映画 「リンカーン」 では、当然と思っていた奴隷解放政策の立法化は、
この 「ゲティスバーグ演説」 があった後であるにも関わらず、
それこそ議員一人二人の差で否決されるような時代だったのだ。

そして、映画 「それでも夜は明ける」 のようなことが、
事実として有ったということを思い知らされるのだった。
それほど遠い昔の話ではないということにも、また ・・・




Photo12
リンカーン記念館を訪ねて (13景-10)
エイブラハム・リンカーン Abraham Lincoln 像 (2)



Photo13
リンカーン記念館を訪ねて (13景-11)
リンカーン記念館 Lincoln Memorial 東側から



Photo14
リンカーン記念館を訪ねて (13景-12)
リンカーン記念館 Lincoln Memorial 南側から



Photo15
リンカーン記念館を訪ねて (13景-13)
アーリントン記念橋 Arlington Memorial Bridge を望む
この橋を渡ればアーリントン国立墓地 Arlington National Cemetery に至る。
体力的な都合で訪れることが出来なかった。

夜には、小さな明かりが一つ見えるという。
JFK の墓の 「永遠の炎」 だ。

cf. メモリアルデー



リンカーン記念館を訪ねて (13景)
Lincoln Memorial, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh 






 リンカーン記念館を後にしてポトマック河畔を目指す。 アーリントン記念橋は直ぐそこだが ・・・ とても歩く気になれない。

 JFK のお墓があるアーリントン国立墓地にはお参りしたかったのだが ・・・ 何事も全部は無理である。






西ポトマック公園 (4景)

Photo16
西ポトマック公園 (4景-1)
Independence Ave. の信号機

モール地区南側の境界は Independence Ave. であり、
横断歩道を渡れば、そこは西ポトマック公園だ。



Photo17
西ポトマック公園 (4景-2)
西ポトマック公園の標識


西があるからには東もあるのだが、
訪れることは出来なかった。

日本が寄贈したポトマック河畔の桜並木は、
今や世界の名所になっている。

ただ、実際にはタイダルベイスン池畔に
その多くは植えられて、
全米桜祭り National Cherry Blossom Festival が
毎年春に行われている。



Photo18
西ポトマック公園 (4景-3)
ポトマック河畔の風景



Photo19
西ポトマック公園 (4景-4)
タイダルベイスン Tidal Basin 池畔



タイダルベイスン Tidal Basin
本来は 「潮留め調整池のこと」 だが、その原理を応用して
ここでは、主に水質汚染を防ぐ目的で造られた。
ポトマック川と小さな水路で結ばれている。


tidal 潮の(影響を受ける)
basin たらい、水盤
by 小学館 プログレッシブ英和・和英中辞典



左手にワシントン記念塔
右手に、これから訪れるジェファソン記念館が見える。



 西ポトマック公園 (4景)
West Potomac Park, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh







 この西ポトマック公園のタイダルベイスン池畔は樹木も多く、観光客というよりも、地元の人たちの憩いの場になっているようだ。 乳母車を押した家族連れや、若いカップルや、お年寄りたちの姿が多かった。

 それはそうだろう。 モール地区に多々ある観光スポットは、お散歩気分で歩き回るところではないのだ。







ジェファーソン記念館 (5景)

Photo20
ジェファーソン記念館 (5景-1)
ジェファーソン記念館の横姿

タイダルベイスン池畔を辿って行くと、
自然にジェファーソン記念館に行きついた。

遠目では円筒形の建物かと思っていたのだが、
前方後円墳のような形になっていた。

日本の古墳時代の美意識は、
意外に優れたものだったということだろう。



Photo21
ジェファーソン記念館 (5景-2)
ジェファーソン記念館



Photo22
ジェファーソン記念館 (5景-3)
"ジェファーソン" の銅像



Photo23
ジェファーソン記念館 (5景-4)
結婚式

緑のシャツの若者たちは、
単に花嫁花婿と記念撮影をしたかっただけだった。



Photo24
ジェファーソン記念館 (5景-5)
ジェファーソン記念館からワシントン記念塔を望む

正面にワシントン記念塔が見える。
まぁ、どこからでも見えるように造られているのだが ・・・




トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson
 第3代アメリカ合衆国大統領で、"アメリカ合衆国建国の父" の一人である。 また、アメリカ独立宣言の主要な作者であり、アメリカ合衆国の共和制の理想を追求した。
by Wikipedia



アメリカ合衆国建国の父 Founding Fathers of the United States
  アメリカ合衆国独立宣言 The Unanimous Declaration of the thirteen United States of America や、アメリカ合衆国憲法 Constitution of the United States に署名した指導者たちは、敬意を表して 「アメリカ合衆国建国の父」 と呼ばれている。
by Wikipedia




 ジェファソン記念館 (5景)
Thomas Jefferson Memorial, Wasington, DC, America
2013/05/26 Photo by Kohyuh







ワシントンDCの地下鉄(3景)

Photo25
ワシントンDCの地下鉄(3景-1)
モダンで安定感がある



Photo26
ワシントンDCの地下鉄(3景-2)
見覚えのある形

「円筒形をクロスさせたときに出来る形状の体積を求めよ」
という問題を解いたときのことを思い出す



Photo27
ワシントンDCの地下鉄(3景-3)
到着した地下鉄電車



 ワシントンDCの地下鉄(3景)
Subway, Wasington, DC
Photo by Kohyuh






マガモの渡り
マガモの食べもの
マガモの名前の由来






関連記事
カモ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
マガモ 1 日本の鳥
マガモ 2 オランダの鳥










cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 2013/05/25  ワシントン到着 (1)
 2013/05/25  ワシントン到着 (2) 国会議事堂を望む
 2013/05/25  ワシントン到着 (3) リンカーン記念館
 2013/05/25  ワシントン到着 (4) リンカーン像の前に建つ
 2013/05/25  ワシントン到着 (5)  一口でスミソニアンは語れない
 2013/05/25  ワシントン到着番外編 スミソニアン協会本部 (The Castle)






補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。 なお、写真の撮影日は日本時間である。





アメリカ編に戻る




履歴
2014/10/16 Reflecting Pool の写真追加
2014/10/14 初版公開










マガモ  (真鴨) Mallard (Anas platyrhynchos) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾