八幡次郎好酉の鳥紀行





「九つのアーチの石橋」 ホルトバージ国立公園 ハンガリー Hortobagy National Park, Hortobagy, Hungary
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
ショウドウツバメ (小洞燕)


写真①
① ショウドウツバメ 飛姿 ホルトバージ ハンガリー Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29
ショウドウツバメの飛姿  ホルトバージ
ハンガリー Hortobagy, Hungary
Photo by Kohyuh 2007/05/29


写真②
② ショウドウツバメの巣 ホルトバージ ハンガリー Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29
ショウドウツバメの巣  ホルトバージ
ハンガリー Hortobagy, Hungary
Photo by Kohyuh 2007/05/29



 ショウドウツバメ (小洞燕)  *207 *205 2012/03/14
スズメ目 Passeriformes
ツバメ科 Hirundinidae
 学名 Riparia riparia
 英名 Sand Martin
 全長 (L) = 12 cm
 雌雄同色

 2007年 5月 29日
 このショウドウツバメの営巣地は、ハンガリーの プスタ として有名な、世界遺産 「ホルトバージ国立公園 Hortobagy National Park」 の一角にあった。 遠くの木立から ヨーロッパハチクイ も飛んでくる。






 ショウドウツバメは日本でも見ることが出来るのだが ・・・ 私は初見である。 ただ眺めているだけでも、何か特別なものに出逢った感じがした。 なるほど、こういった風景にお似合いなのだと ・・・






世界遺産 プスタのホルトバージ国立公園
 ホルトバージは プスタ のど真ん中にあるといった風情の小さな街であるが、観光客でごった返していた。 屋台や土産物屋が店を広げていた。 今日は、どういうものか知らないが、ホースショウ horse show が開かれているからという。

 ところが、その入場券は売り切れて手に入らない。 ビジターセンター ではお客の問い合わせに大わらわであった。 その人気ぶりは、後で分かったことだが、あらゆる道路が帰り客の車で大渋滞して、一時間ばかり身動きがとれなかったほどである。




世界遺産の名前 地区 種別 登録年
プスタ のホルトバージ国立公園
Hortobágy National Park - the Puszta


ホルトバージ
 ハンガリー
文化遺産
(4), (5)
1999年
【補注】 文化遺産は、普遍的な価値のある記念工作物、建造物、遺跡など。

(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
(5) 特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている、ある文化 (または複数の文化) を代表する伝統的集落または土地利用の際立った例。






プスタ puszta
 プスタ とは、"ハンガリーの大平原" の呼称である。 ぐるり360度の視界に広がる草原の中に立つと、浮世離れする心地がしたものであった。

 そして、「ホルトバージ国立公園 Hortobagy National Park」 は、ハンガリーの中でも最大のもので、82,000 ha もの面積を有し、1999年に世界遺産に登録された。





 Puszta
プスタの風景 ・・・ 騎馬姿がお似合い Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29
プスタの風景 ・・・ 騎馬姿がお似合い
Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29










ビジターセンター Visitor Center にて released 2008/04/18
 ホルトバージの町の中心街には立派な ビジターセンター がある。 そのインフォーメーションで、市街図やら、その他もろもろの情報を得るのだが、特に、鳥観
とりみ の場所を聞かなければならない。




 すると何処からか、思いもよらぬ詳細な地図を取り出してきて教えてくれた。 いろいろな場所が拡大して載せてある。 その地図を貰えるものと思っていたら、いつの間にか何処かに消えていて、手元にあるのはホルトバージの市内地図やらパンフレットだけである。


 もちろん、インフォーメーションと言えども有料のものはいくらもあるし、欲しいものは大体そのようであることは承知しているところである。

 だから、有料でもいいと思って、先ほどの地図が欲しいと申し出たら、何やらごちゃごちゃと訳のわからないことをいう。 まぁ、それは私が聞き取れないだけであるのだが ・・・



 タダではないことは態度を見れば分ることであるから、返事は 「イエス」 か、もしくは、非売品や品切れならば 「ノー」 の二つしかないと思っている。 それを、第三の思いもよらぬ、ながながとした回答が返ってくるものだから、とまどい、頭がついて行かないのである。 普通の会話でも、急に話題が変わると戸惑うのに似ているかも知れない。



 お互いにブロークンな英語でやり取りしているのを横で聞いていた観光客が、実に綺麗な英語で説明してくれた。 要するに、その地図は、プスタツアー を申し込んだ人に配布されるものであった。

 そして、そのプスタツアーも、今日は年に一度のホースショウの日であるため、催行の予定がないと言うものであった。

 私は、プスタツアー のことは知っていたし、また、行くつもりでもあったから、明日のツアーを予約して、念願の地図を手に入れた次第である。




《補追》 2007/07/16
 ここで、《その地図は、プスタツアーを申し込んだ人に配布されるものであった》 と書いたが、家内のチェックに引っかかった。

 その地図は、プスタツアーとは関係はない、ということであった。
 自然保護区への立ち入りは一般には禁止されているが、ただ、有料で立ち入り可能な場所が4箇所ある。 その場所を表記したものが例の地図とのことであった。

 その許可証 entrance card は、鮎釣りの入川料のようなもので、監視員が来たら提示しなければならない。

 許可証は、立ち入り日を指定して購入するもので、料金は一人当たり 900Ft/day であった。 早速、明日の一日券を購入した。 1ft (フォリント) = 0.545円 として、地図を含めて、490円ほどであった。


 また、観察場所まで ミニ鉄道が運行しているところが1箇所あって、もし、その鉄道を利用するのであれば許可証は不要という。

 その日は、未だ時間的余裕があったので、先ずはそこへ行くことにした次第であった。




 Entrance Card
"Entrance Card"of Hortbagy National Park
"Entrance Card"of Hortbagy National Park










プスタツアー Puszta Tour
二頭立て幌馬車で行くプスタツアー Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29
二頭立て幌馬車で行くプスタツアー
Hortobagy, Hungary
Photo by Kohyuh 2007/05/29
 プスタツアーが出発するという場所に行ったのだが、レストランがある建物には、何の案内もない。

 見ていると、どうやらプスタツアーは、二頭立ての幌馬車に乗って行くようである。 どこからか、10人乗りほどの小さな二頭立ての幌馬車が現れ、ツアーガイドが観光客を引き連れて乗り込んでいった。


 こういった幌馬車が次々と出発して行ったのだが、中には小学校の課外授業と思われるグループもあった。 時間待ちをしているのか、わいわいがやがやと、どこの国の子供も同じである。

 家内は、また、折鶴を披露しては、子供たちに取り囲まれていた。 ところが、その子供たちも、いつしか出発していったのである。 また、それぞれ馬に乗ってツアーする、10名ほどのグループもあった。








 回りに誰もいなくなったところで、また、幌馬車が現れた。 このままでは置いていかれると思って、駆け寄り、チケットを見せながら、御者に 『乗ってもよいか?』 と聞くのだが、そのチケットには眼もくれず、駄目だと言われた。

 どういうシステムになっているのか、さっぱり分らない。 聞くにもレストランのおばちゃんでは話にならないだろうし、実際に試みて見たのだが話が通じない。 また、チケット売り場らしき小屋はあるのだが無人であった。


 どうしたものかと思っていたときに、ツアーガイドらしき女性が五六人の観光客を連れて現れた。 先ほどの幌馬車の方に向かうようである。 そのとき、彼女は私たちに向かって、"カモン" というように手招きしてくれた。


 ドイツ人の観光客のグループである。 ガイドの人は英語とドイツ語の両刀使いであったが、よく聞き取れなかったのは彼女のせいではない。 それに付加えて、『今日はドイツ語だけの案内ですみません』 とのことである。








立ち乗りの技 Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29
立ち乗りの技
Hortobagy, Hungary
Photo by Kohyuh 2007/05/29


 各幌馬車は、最初はバラバラに出発して、古い馬車や農機具などを展示している資料館や、羊や馬や水牛といった放牧場を順次、訪れていった。

 それが、いつしか大草原の中を突き進むと、遠くに牧場家屋らしき細長い平屋建ての姿が見えだした。

 先発隊の幌馬車が並んで止っていた。 近くには民族衣装を着た騎乗姿の男たちがいた。

 どうやら此処で、彼らの妙技を見せてくれるようだ。 我々は、ここで幌馬車から降りて、見物するという趣向だ。








馬を座らせる技 Hortobagy, Hungary Photo by Kohyuh 2007/05/29
馬を座らせる技
Hortobagy, Hungary
Photo by Kohyuh 2007/05/29
ムチさばき
 馬を疾走させながら、長い皮の鞭
むち を振り回し、どこに当てるのでもなく、空を切るようにして、パン パン という音を発する。


 この前、テレビで観たが、鞭の先がスナップを利かしたような動きをすると、ジェット機やロケットが音速を超えたときに衝撃波が発生するが、それと同じ原理で音が出るそうである。

 要するに、鞭の先の動きが音速を超えるのである。 それだけにテクニックがいる。

 また、これと同じ鞭が、ホースショウの出店で売っていた。 私は欲しかったのであるが、練習するところがないことに思い至り、あきらめた。

 屋外では恥ずかしい年頃だし、また、我が家では狭すぎて鞭は振り回せまい。








 また、馬をまるで死んだように寝転ばせたり、また、その上に立ったりする。 また、また、希望者には独りで馬に乗ることも出来た。 さすがに手を上げた人は一人しかいなかった。 経験があるのだろう。



 このホースショウを見学した後、また、それぞれの幌馬車の分乗して帰路についたのであるが、そのコースは、必ずしも同じではなかった。 例えば、子供たちには、子供たち向けの見学コースがあるのだろう。









ショウドウツバメの営巣地 released 2008/04/18
 このホルトバージの広大なプスタの中では、教えて貰った野鳥の観察場所も、近くに点在しているわけではない。 数十キロも離れていたりするから一日では回れない。 しかも、車がなければ移動は無理であろう。

 その上に、観察場所に着いたからと言って、大草原や大湿地帯 (ステップ湖?) を目の前にすれば、歩ける距離は知れているから途方に暮れるだけであった。



 幸いなことに、このショウドウツバメの営巣地は駐車場から、いよいよ大草原に立ち入ろうとする場所にあった。 前方に、迷彩服で身を固めた数人の男女がフィールドスコープを据え付けて、何やら狙っている姿が眼に入ったのである。

 目の前の土砂崩れの跡のような崖地に、ショウドウツバメが乱舞していた。 ショウドウツバメであることは観れば直ぐ分かる。 何しろ崖地に穴を掘った巣が無数にあったからである。 小洞燕と呼ばれる所以である。

 しばらくして気がついたが、彼らは燕を狙っているのではなかった。 遠方に見える大きな木立から ハチクイ が飛び立ち、この崖にやってくるのを狙っていたようである。



 このあと、私たちは炎天下の大草原に立ち入り、2時間ほどして、くたくたに疲れて帰ってきたときにも、彼らはまだ頑張っていた。 また、しばらく付き合ったが、私のカメラでは ハチクイ は無理である。 早々に引き揚げた。





ショウドウツバメフィールドマーク
 ・燕尾が短いと言うか無いに等しい
 ・胸部にブラジャーを着けたように見える胸帯がある




渡り *207
 夏場は、ユーラシア大陸、北アメリカ大陸の 中緯度帯 から 高緯度帯 にかけては、
夏鳥 として渡来し、繁殖する。 冬場は、アフリカ大陸や南アメリカ大陸に渡って避寒する 渡り鳥 である。




食べもの by Wikipedia
 主に、多くの場合、水面上を飛行しながら昆虫を捕食する。 ときには、土が露出した裸地で採餌する。




名前の由来
 かって、「つちつばめ」、「土燕
どえん」、「すなむぐりつばめ」 などと呼ばれていたものが、このショウドウツバメであろうと考えられているようだが、定かではないようだ。


 それにしても、英名が "砂ツバメ" であるから、よく似た呼称である。 また、漢字名の "小洞燕" にしても、「小さな洞 ほらあな」 の意であるから、彼らの姿・形に由来するものではない。

 それは、彼らの巣 写真② を見れば分かるが、土が露出した崖地に横穴を掘ったものである。 ショウドウツバメのこうした見ての印象は、今も昔も、西洋も東洋も、変わらないということだろう。







学名の意味
Riparia ???
riparia ???




英名の意味
sand 砂地、砂原; 砂浜; 砂丘; 砂漠
martin 〔鳥〕 ツバメ科の数種の鳥の総称;
(特に)イワツバメ (house martin) 《ユーラシア産》
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
ツバメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ショウドウツバメ 2 日本の鳥







履歴
2018/09/28 関連記事 ショウドウツバメ 2 追加
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/11/25 ホルトバージの写真等追加
2008/04/18 スタイル統一
2007/07/16 《補追》 追加
2007/07/15 初版公開












ショウドウツバメ (小洞燕) Sand Martin (Riparia riparia) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾