八幡次郎好酉の鳥紀行





ライプチヒ ドイツ Leipzig, Germany
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
ツイート過去ログ |ドイツ編2014||北欧編2011|



<<Home Page
アオガラ (青雀)

アオガラ (4態)
アオガラ (4態-1) ブリュールのテラス ドレスデン ドイツ Bruhlsche Terrasse, Dresden, Germany 2014/05/27 Photo by Kohyuh
アオガラ (4態-2) ブリュールのテラス ドレスデン ドイツ Bruhlsche Terrasse, Dresden, Germany 2014/05/27 Photo by Kohyuh
アオガラ (4態-3) ブリュールのテラス ドレスデン ドイツ Bruhlsche Terrasse, Dresden, Germany 2014/05/27 Photo by Kohyuh
アオガラ (4態-4) ブリュールのテラス ドレスデン ドイツ Bruhlsche Terrasse, Dresden, Germany 2014/05/27 Photo by Kohyuh

アオガラ (4態) ブリュールのテラス ドレスデン ドイツ
Bruhlsche Terrasse, Dresden, Germany
2014/05/27 Photo by Kohyuh



アオガラ (青雀)  *203-148 *207-75 2016/01/15
スズメ目 Passeriformes
シジュウカラ科 Paridae
 学名 Parus caeruleus
 英名 Blue Tit
 全長 (L) = 12 cm
 留鳥 (ドイツ)
 雌雄同色

2014年 5月 27日
 アオガラとの初めての出逢いは 2005年のことだったがよく覚えている。 何しろ、危うくシジュウカラと見間違うところだったのだ。









鳥類の分布は不思議
 そのシジュウカラは、ヨーロッパからアジアまで広く分布しているのに比べて、アオガラはヨーロッパに限定されるようだ。 さらにヤマガラとなれば日本、朝鮮半島、台湾といった極東の鳥であり、生息域としてはかなり狭いものである。


 分類的にはどちらも同じ科に属するものなのに ・・・ また、その根拠となる解剖学的見地から見ても大した違いはない筈のに ・・・

 それも飛翔力の問題でもなさそうだ。 何故ならアオサギダイサギといった大して飛べそうにないものでも地球規模で分布を広げているからだ。


 それは、飛べない時代の人類でさえ生息域を地球規模にまで広げてきたことを考えれば不思議でも何でもない。

 要するに生息域の拡大は新天地での適応能力が有るかどうかが問題であり、飛翔能力とは無関係ということになる。


 飛翔能力が高い渡り鳥たちの棲息範囲も広いといえば広いと言えるかも知れないが、それは別問題であろう。

 渡りをするのはそれなりの理由があり、行動範囲が広いということと、定住地の拡大とは意味が違う。 遊牧の民と農耕の民の違いと似ているかも知れない。

 cf. 渡らない理由とは
 cf. ツバメが人家で営巣する理由
 cf. 渡り鳥が熱帯で子育てしない理由





水辺の鳥と山辺の鳥
 狩漁(狩猟)採集の生活で生きる鳥類にとっての生息域の拡大は、ご当地での食べものが口に合うものかどうかということが重要であろう ・・・ その点では、何でも食べる者が一番有利といえるであろう。

 次には、水辺の鳥が有利ではなかろうか。 要するに、人類と生息域の奪い合いをしなければならないという現実を考えると ・・・ 鳥類が人類に勝てる見込みは皆無に等しい。 


 先ずは、草辺や山辺といった領域は人類が一方的に進出して行く所であり、鳥類は成す術もなく彼らの領地を手放さざるを得ないだろう。 ただ、絶海の孤島や断崖絶壁といったところは残されるであろう。

 cf. Rathlin Island Seabird Center



 一方、水辺もまた、人類が真っ先に進出するものだが、それによる汚染の問題はあるにせよ、どちらかというと草辺や山辺のように元の姿を留めないほどに消えてなくなるものではないに違いない。 何故なら人類は本来は陸生の生きものであるからだ。

 それに、よほどの汚染が進まない限り、それなりに水辺に棲む水棲昆虫といった生きものたちを含めた生態系は維持されることになろう。


 そういう意味で、鳥類の食糧の生産性のことを考えると水辺が有利となるのではなかろうか。

 cf. 深山幽谷の川も棲み難い





食糧の問題だけではない
 鳥類の中には人類の接近そのものを嫌がる者も多いのだ。 食べものがあるからといって共存できるとは限らない。

 彼らにとって人類は捕食者としてDNAにインプットされているのである。 そうでなければとっくの昔に絶滅している筈だ。

 cf. どちらが用心深い?
 cf. これはDNAのなせるもの
 cf. DNAの生き残り戦略






地球環境をスポイルするもの
 まぁ、何事もこんなに単純なものではなかろうが ・・・ 一つ確かなことは、鳥類たちが地球環境をスポイルする確率はゼロに等しいということである。

 今現在においても、世界各地で人類は火薬を多々爆発させていることを考えると、鳥たちがもたらすであろう環境汚染は、その一つにも満たないものだろう。

 cf. 科学研究でも ・・・





アオガラ の渡り
アオガラ の食べもの
アオガラ の名前の由来






ドレスデン Dresden (8景)


このエルベ川を借景に設計された 「ブリュールのテラス」 は、
人通りも多いのだが、このアオガラの姿に気づくというか、
関心を持つというか ・・・ そういう人は誰もいなかった。
まぁ、観光地とはそういうもんだ。



cf. エルベ川
cf. ブリュールのテラス
cf. マイセンの街並みとエルベ川
cf. エルベの眺望 1
cf. エルベの眺望 2
cf. エルベ川近くのペンション
cf. エルベ川クルーズ 1
cf. エルベ川クルーズ 2
cf. エルベ川クルーズ 3
cf. エルベ川クルーズ 4





Photo1
ドレスデン Dresden (8景-1) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
エルベ川にかかる橋が見える。





Photo2
ドレスデン Dresden (8景-2) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
「ブリュールのテラス」 と呼ばれるプロムナード



このブリュールのテラスは、
ツヴィンガー宮殿の城壁跡に造られたものという。
これを造ったブリュール男爵の名にちなむ。

当時ワイマールに居たゲーテは、
この地を度々訪れては、
「ヨーロッパのバルコニー」 といってこよなく愛したという。




プロムナード promenade
 散歩道。 遊歩道。
by 広辞苑第六版より引用


テラス terrace
 建物の前面にある、コンクリート・煉瓦・敷石などを敷きつめた台状の場所。 露壇。
by 広辞苑第六版より引用


バルコニー balcony
 西洋建築で、室外へ張り出して作った、屋根のない手すり付きの台。 露台。
by 広辞苑第六版より引用



cf. ワイマール街歩き5 ゲーテ博物館到着
cf. ワイマール街歩き6 ゲーテの家1
cf. ワイマール街歩き6 ゲーテの家2 馬車
cf. ワイマール街歩き6 ゲーテの家3
cf. ワイマール街歩き6 ゲーテの家4
cf. プロムナードガーデン
cf. 見晴らしテラス
cf. グランド・テラス Grande Terrasse







Photo3
ドレスデン Dresden (8景-3) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
ブリュールのテラス」 から望む旧市街
聖母教会のドームが見える






Photo4
ドレスデン Dresden (8景-4) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
聖母教会 Frauenkirche

連合国の爆撃で破壊されたが、
その黒く焼けた瓦礫を集めて、足りないところは新しい石材をつかい、
元の姿に再建した。 完成は2005年10月30日のことである。
実にドイツ人らしい心意気である。

cf. 聖母教会 Frauenkirche






Photo5
ドレスデン Dresden (8景-5) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
聖母教会の内部





Photo6
ドレスデン Dresden (8景-6) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
ドレスデン城 (赤い屋根) が見える






Photo7
ドレスデン Dresden (8景-7) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
君主の行列

約20㎝x20㎝のマイセン磁器タイルを貼り合わせて造った壁画
奇蹟的に戦災を免れたもので観光の名所となっている。






Photo8
ドレスデン Dresden (8景-8) 2014/05/27 Photo by Kohyuh
ドレスデン城の塔が見える




ドレスデン Dresden (8景)
2014/05/27 Photo by Kohyuh











関連記事
シジュウカラ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
アオガラ 1 ギリシャの鳥











ツィータ過去ログ連動 ・・・ ツイート過去ログ ドイツ編 (2014/05/14 - 2014/07/21)
 (1) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン到着 トラムで街に出る
 (2) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き1 フラウエン(聖母)教会1
 (3) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き1 フラウエン(聖母)教会2 黒い部分は古いもの
 (4) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き1 フラウエン(聖母)教会3 祭壇
 (5) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き1 フラウエン(聖母)教会4 ドーム
 (6) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き1 フラウエン(聖母)教会5 上層階も有料で見学可能
 (7) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き2 壁画 「君主の行列」 戦災を奇跡的に免れたもの
 (8) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き3 ブリュールのテラス1
 (9) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き3 ブリュールのテラス2 新市街を望む
 (10) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き3 ブリュールのテラス3 「エルベの誓い」
 (11) twitter 2014年 5月 27日 ドレスデン町歩き4 今日の夕食 ローストビーフ




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。










履歴
2016/01/15 初版公開











アオガラ  (青雀) Blue Tit (Parus caeruleus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾