八幡次郎好酉の鳥紀行 


ロッキー山脈 ミルナー峠 Milner Pass, Rocky Mountains USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
カリフォルニアカモメ  (加州鷗)


カリフォルニアカモメ (3態)
カリフォルニアカモメ 成鳥 (3態-1) グランドレイク 米国 Grand Lake, Colorado, America 2013/06/30 Photo by Kohyuh
カリフォルニアカモメ 成鳥 (3態-2) グランドレイク 米国 Grand Lake, Colorado, America 2013/06/30 Photo by Kohyuh
カリフォルニアカモメ 成鳥 (3態-3) グランドレイク 米国 Grand Lake, Colorado, America 2013/06/30 Photo by Kohyuh
カリフォルニアカモメ 成鳥 グランドレイク 米国
Grand Lake, Colorado, America 2013/06/30 Photo by Kohyuh



カリフォルニアカモメ  (加州鷗)  *215_P222 2019/11/30
チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
 学名 Larus marinus
 英名 California Gull
 全長 (L) = 53 cm
 翼開長 (W) = 137 cm
 夏鳥グランドレイク
 雌雄同色

戻る 2013年 6月 30日 次へ
 カモメの仲間は海辺でよく見られるものであるが、彼らの生息地は決して海辺に限定されるものではない。

 内陸部の河川や湖沼にも生息しているし、また、繁殖もしている。要するに食べものとする魚や昆虫などが手に入れば・・・まぁ、どこでもよいといっても過言ではなかろう。それに、寒くなれば、暖かい処へ移動すればよい。また、それが出来るのだ。






カモメの同定は難しい?
 初めてバードウオッチングの会に参加した頃は、カラスとカワウの見分けがつかなかった。どうして参加者の皆さんは直ぐにカワウとわかるのだろうと不思議に思っていた。今思えば・・・次第にカワウとの出逢いが多くなって行くにつれて・・・自然に見分けがつくようになったのだった。


 このことはカモメにしても同じことが言えるだろう。ただ、カモメの場合は、当人の住むところにもよるが・・・八幡市内のフィールドでの出逢いはカワウほど多くはない・・・というより、これまで大型カモメの観察例がない。


 特に、このカリフォルニアカモメのように、次に出逢う可能性のことを考えると・・・これが最後かもしれないのだ。ぱっと見で見分けがつくわけがなかろう。


 それにフィールドマークが、クロワカモメのように嘴 くちばし に黒輪があるといった確たるものがあればいいのだが、往々にして、ちょっと細めだ、太めだ、長めだ、といった曖昧なものである。解剖台の上での比較ならまだしも・・・これは出来ない相談であろう。


 また、その程度の差で、別種としてよいのか?・・・ "セグロカモメ" ではいけないのか?・・・などと、ぼやきたくなるのも仕方がない。

 cf. カモメ類の羽衣の変化
 cf. これは人間の業かも知れない
 cf. 変わるものと変わらないもの
 cf. 若鳥の年齢
 cf. ズグロカモメとユリカモメとの違い
 cf. セグロカモメ と オオセグロカモメ の区別の仕方
 cf. ワシカモメ と セグロカモメの区別の仕方
 cf. ワライカモメとユリカモメの違い




同定の理由
 このカリフォルニアカモメをフォーカスした場所が 「グランドレイク」 だったこと。それと消去法でクロワカモメニシセグロカモメワライカモメではないこと。




渡り bu Wikipedia
 カリフォルニアカモメは、カナダのノースウェストテリトリーズ、カナダ南部からカリフォルニア州東部、コロラド州の南西部などのアメリカ大陸西部内陸部の湖沼で繁殖する。冬場には太平洋沿岸部に渡って避寒する。


ノースウェストテリトリーズ northwest territories
 馴染みのない語だが、カナダ北部の準州のことで、Yellowknife が州都である。
by Wikipedia より引用




食べもの  by Wikipedia
 カリフォルニアカモメの食性は雑食性で、主に、魚、昆虫、他の鳥の卵などを食べる。また、漁港やマリーナ等で残飯などもあさる。


マリーナ marina
 モーターボート、ヨットなどの小型船舶用の港
by 小学館 プログレッシブ英和・和英中辞典引用 ※8

 cf. カモメは魚群探知機






名前の由来 *31
 カリフォルニアカモメの名前の由来は、彼らの越冬地が北アメリカ太平洋岸であるところから、カリフォルニア州でよく見かけるからであろう。







学名の意味
Larus カモメ
【ギリシャ語】 glaros
marinus 海の
by 「野鳥の学名入門くまたか」 より引用




英名の意味
California カリフォルニア州
gull [鳥] カモメ
by weblio より引用






関連記事
カモメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示










cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (01) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (1) ビジターセンター
 (02) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (2) 目抜き通りはウェスタン調
 (03) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (3) ビーチ
 (04) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (4) 子供用の遊泳場
 (05) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (5) 大人はボート
 (06) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (6) 魚釣りも人気
 (07) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (7) Grand Lake の東端
 (08) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (8) Pine Beach
 (09) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (9) Shadow Mountain Dam
 (10) twitter Jun 30, 2013 Grand Lake 日帰り旅行 (10) 釣り師




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2019/11/30 初版公開










カリフォルニアカモメ  (加州鷗) California Gull Larus californicus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2020   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾