八幡次郎好酉の鳥紀行





陽明山国家公園 台北市 台湾
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |台湾編 (1) ||台湾編 (2) | ツイート |台湾編 (1) ||台湾編 (2) ||台湾編 (3) |



<< Home Page
ヒメマルハシ  (姫丸嘴)

写真①
① ヒメマルハシ 成鳥 陽明山国家公園 台湾 Yangmingshan National Park, Taiwan 2012/11/21 Photo by Kohyuh
ヒメマルハシ 成鳥  陽明山国家公園 台湾
Yangmingshan National Park, Taiwan
2012/11/21 Photo by Kohyuh



写真②
② ヒメマルハシ 成鳥 陽明山国家公園 台湾 Yangmingshan National Park, Taiwan 2012/11/21 Photo by Kohyuh
ヒメマルハシ 成鳥  陽明山国家公園 台湾
Yangmingshan National Park, Taiwan
2012/11/21 Photo by Kohyuh


写真③
③ ヒメマルハシ 成鳥 陽明山国家公園 台湾 Yangmingshan National Park, Taiwan 2012/11/21 Photo by Kohyuh
ヒメマルハシ 成鳥  陽明山国家公園 台湾
Yangmingshan National Park, Taiwan
2012/11/21 Photo by Kohyuh





ヒメマルハシ  (姫丸嘴)  *212 *214_P289 2013/09/14
スズメ目 Passeriformes
チメドリ科 Timaliidae
 学名 Pomatorhinus ruficollis
 英名 Streak-breasted Scimitar Babbler
 全長 (L) = 18 cm
 留鳥 (台湾)
 雌雄同色
 特有亜種 (台湾)

戻る 2012年 11月 21日 次へ
 まぁ、薄暗いところは仕方がないとしても、このヒメマルハシの用心深い性癖には泣かされる。 図鑑 *214 にも "性隠密"と書かれている。

 それほど人に見られるのが嫌というのなら、ぴたりと動かず隠れたまま、じっとしていたらよいものを ・・・ ときおり枝葉がゆれるのだ。






嫌なこと
 何が嫌だといって 「見せびらかしておいて、その手を引っ込める」 ほど、されると嫌なものはなかろう。 いろいろ嫌なことを思い出してみるのだが ・・・

 もちろん、罠にはめる、ペテンにかける、などなど多々考えられるのだが ・・・ こういった行為の多くは犯罪の範疇であろう。 これらを挙げだしたらきりがない。 逆に言えばきりがないほど嫌なことが多い世の中に私たちは暮らしているということになるのだが ・・・



・・・ とは言っても
 ここまで来て、今気がついた。 このヒメマルハシの "性隠密" というのも、かわいいものではないか。 むしろ、愛すべきものであろう。 何だかんだといいながらも、ちゃんと姿を現したりする。

 彼らにしてみれば元より嫌がらせをしているわけではなかろう。 うまく撮れたかどうかという話しを持ち出す方がおかしい。


 また、"その手を引っ込める" というのも、親密な間柄だからこそ成り立つ行為というものだ。 少なくとも、その関係を壊すことが目的ではなかろう。

 ただ、何でもそうだが、度が過ぎたり、目的が異なれば、同じ行為であっても許されるものではなくなるのだ。

 cf. 見せびらかし 1
 cf. 見せびらかし 2
 cf. 見せびらかし?
 cf. 覗き見はやめて!
 cf. ネガティブ・バイアス (否定的偏向) negative_bias






渡り *212 *214
 ヒメマルハシは、インド亜大陸北部および北東部、中国南部、台湾などの低~中程度の標高の山麓に留鳥として棲息する。 飛翔力は弱い。




食べもの *212 *214
 ヒメマルハシは、主に昆虫及びその幼虫などを捕食するが、種子なども採餌する。




名前の由来 *31
 ヒメマルハシの名前の由来については図鑑に説明はない。 日本では見られない鳥だからであろう。 台湾の特有亜種である。

 ここで、"マルハシ" は英名にある "scimitar 三日月刀" の形になぞらえて "丸嘴" としたことが推測できる。 "丸い嘴" という意味ではない

 それに、小さいことを意味する "姫" という冠が付くのは、より大きな "マルハシ" を持つものが他にいるからだ。

 cf. "姫" の意味






  くちばし の形状の表現
杓 しゃく チュウシャクシギ
反嘴 そりはし ソリハシシギ
嘴広 はしひろ ハシビロガモ
広嘴 ひろはし クロアカヒロハシ
犀 さい オオサイチョウ
イスカ イスカ
丸嘴 まるはし ヒメマルハシ

 

 cf. "曲がる" と "反る"
 cf. 余談: 「話をまげる」「話をそらす」
 






英名の意味
streak 縞のある
-breasted ~の胸部をした
scimitar 偃月刀 えんげつとう、または三日月刀のこと (昔トルコ人やアラビア人が用いた片刃の刀)

[補注]
 ヒメマルハシの嘴の形を三日月刀に見立てたもの
babbler [鳥] チメドリ
元の意は 「ぺちゃくちゃしゃべる」
by パーソナル英和辞典より引用






関連記事
チメドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示









cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ 台湾編 2 (2012/11/19 - 2012/12/06)
 (1) 2012/11/21 陽明山ハイキング バイク軍団
 (2) 2012/11/21 陽明山ハイキング バス路線を間違った
 (3) 2012/11/21 陽明山ハイキング 車椅子でも行ける初心者コース



補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





台湾編(2)へ戻る




履歴
2015/04/06 twitpic 社破綻 → twitter 社統合対応
2013/09/14 初版公開










ヒメマルハシ  (姫丸嘴) Streak-breasted Scimitar Babbler (Pomatorhinus ruficollis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾