八幡次郎好酉の鳥紀行





スペースシャトル発射台遠望 ケネディ宇宙センター Kennedy Space Center, Merritt Island, Florida, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
サンショクサギ  (三色鷺)

サンショクサギ (若鳥)
サンショクサギ (若鳥) マイアミ近郊 フロリダ 米国 near by Miami, Florida, USA 2013/06/05 Photo by Kohyuh
サンショクサギ (若鳥
マイアミ近郊 フロリダ 米国
near by Miami, Florida, USA
2013/06/05 Photo by Kohyuh




サンショクサギ (5態)
サンショクサギ (5態-1) メリット島国立野生動物保護区 大西洋側フロリダ メリット島 米国 Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island,  Atlantic coast of Florida, USA 2013/06/02 Photo by Kohyuh
きょうは気持ちがいい日やなぁ~
誰れもおらんし~



サンショクサギ (5態-2) メリット島国立野生動物保護区 大西洋側フロリダ メリット島 米国 Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island,  Atlantic coast of Florida, USA 2013/06/02 Photo by Kohyuh
おーっと危ない
目をあわせんように~
(左はユキコサギ若鳥



サンショクサギ (5態-3) メリット島国立野生動物保護区 大西洋側フロリダ メリット島 米国 Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island,  Atlantic coast of Florida, USA 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ん ? ・・・ いまの誰やった ?
かっこえーなぁ



サンショクサギ (5態-4) メリット島国立野生動物保護区 大西洋側フロリダ メリット島 米国 Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island,  Atlantic coast of Florida, USA 2013/06/02 Photo by Kohyuh
まっ いいか ・・・ 関係ないわ



サンショクサギ (5態-5) メリット島国立野生動物保護区 大西洋側フロリダ メリット島 米国 Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island,  Atlantic coast of Florida, USA 2013/06/02 Photo by Kohyuh
なにかうまいもん おらんかなぁ~



サンショクサギ (5態)
ブラック・ポイント・ドライブ
メリット島国立野生動物保護区
メリット島 フロリダ 米国

"Black Point Wildlife Drive"
"Merritt Island National Wildlife Refuge"
Merritt Island, Atlantic coast of Florida, USA
2013/06/02 Photo by Kohyuh




サンショクサギ  (三色鷺)  *215_p116 2015/05/04
コウノトリ目 Ciconiiformes
サギ科 Ardeidae
 学名 Egretta tricolor
 英名 Tricolored heron
 全長 (L) = 66 cm
 留鳥 (フロリダ半島)
 渉禽類
 行動型採餌

戻る 2013年 6月 2日 次へ
 昨日、ケネディー宇宙センター Kennedy Space Center Visitor Complex を見学して、せっかくだから、近くにあるメリット島国立野生動物保護区で鳥観する。











メリット島国立野生動物保護区 Merritt Island National Wildlife Refuge
 ここは 1963年 にNASAがケネディー宇宙センター Kennedy Space Center を創るときに設立された。 フロリダ半島大西洋側の中間部にあるメリット島 Merritt Island だが、その知名度は低いかも知れない。 ・・・ ごく近くにはディズニーランドのあるオーランドがあるのだが ・・・



ケープカナベラルのこと
 それに 「島」 といった概念で地図をさがしても、メリット島は見つからないかも知れない。 一見、潟(ラグーン) のように見えるし、実際にその形成過程を辿って来たに違いない。

 しかし、「ケープカナベラル Cape Canaveral」 という言葉なら、宇宙好きの方ならずとも、聞いたことがあるに違いない。
 
 今でこそ、ケネディー宇宙センターが有るところとして有名だが、かってはロケット発射といったらケープカナベラルを思い浮かべたものだった。 そのカナベラル岬 Cape Canaveral がメリット島先端部のことなのだ。







緩衝地帯
 メリット島全域が保護区のようなもので、また、空軍基地やケネディー宇宙センターもあって、何処にでも自由に立入可能にして良いものではない。

 実際に、ロケット打ち上げともなれば、これほどの広さの緩衝地帯が必要であろう。 また、ここは野生動物たちが先住者であり、渡り鳥たちにとっては、昔から休憩やら、子育てやら、避寒やらのために利用されて来た筈である。

 だからこそ、緩衝地帯として、また、保護区として、有効に活用で来たのであろう。 それでも、車が立入できる外周道路があったりして、ロケット発射台を遠望できる場所があった。 また、実際に見学出来たそうである。


 正式には、ケネディー宇宙センター内に設けられている見学席があるのだが、まぁ、これは宇宙飛行士の家族といった関係者しか招待されない所だ。




 ・・・ かといって立入禁止にすることだけが保護区の役割ではない。 自然や、野生動植物の生態や、ふれあいや、自然保護の啓蒙などいろいろある。

 面白いと思ったのは ・・・ 広すぎるからだろう ・・・ 車で観て回れるようにした
"Black Point Wildlife Drive" というものがあったので行って見た。









お約束
 リット島国立野生動物保護区を見て回るからには、先ずはビジターセンターを訪れるのがお約束である。 地図やらパンフレトなどなど、何かと情報が入手できるからだ。

 この施設には、併設して、板張り遊歩道 Boardwalk Trail というものがあって、周りの湿地の上を散策できるようになっていた。 ぐるりと一周すれば、この保護区に棲息する動植物の概要がわかるようになっている。

 cf. ネイチャーセンター



 長さは 400mほどで、約 15分で一周できるという。 特に鳥観専用のものではなくて、樹木であったり、ヘビやトカゲであったり ・・・ この辺りは湿地が多く、まぁ、フロリダ半島の大半がそうなんだが ・・・ その生物相や地理的要素などが、よく分かるように、イラスト付きの説明坂が各所に置かれてあった。


 一周して来たのだが、鳥影はなかった。 何かもの足りなかったので、『何処かバードウォッチングが出来るところはないですか』 というと、パンフレットや何やらで、"Black Point Wildlife Drive" への行き方を丁寧に教えてくれたのである。








ビジターセンター
Visitor information Center

ビジターセンター Visitor information Center


In their Memory
 ビジターセンター前には二人の肖像写真を載せた立札がある。 当初は設立者の紹介かと思っていたが、実は、森林火災 (野火 wildfire) の消火活動をしていたときに炎に巻き込まれて亡くなった人たちのものだった。

 自然保護の活動を献身的に行っていた二人のことを記憶として残すために、この建物がささげられたと記されていた。

 cf. ネイチャーセンター
by 説明書きから抜粋引用








板張り遊歩道 Boardwalk Trail

photo 1
photo 1 板張り遊歩道 Boardwalk Trail
遊歩道は起点終点がビジターセンターになっており、
道に迷う心配はない。



photo 2
photo 2 板張り遊歩道 Boardwalk Trail
要所にベンチが置かれている。
ハンモックも用意されているところもあった。、
目をつぶってセミの声を聴いたりして
自然に浸ることができると記されていた。

気持ちよさそうにしている人がいたが
心の余裕がないのか、ためらってしまった。



photo 3
photo 3 板張り遊歩道 Boardwalk Trail
湿原の風景
鳥影はなかった。


Boardwalk Trail
Visitor information Center
Merritt Island National Wildlife Refuge

Atlantic coast of Florida, USA
2013/06/02 Photo by Kohyuh











 ビジターセンター併設の、板張り遊歩道を見て回った後、直ちに "Black Point Wildlife Drive" へ車で向かった。 そこは有料 (一日券5ドル) ということでビジターセンターで支払った。



ブラック・ポイント・ドライブ Black Point Wildlife Drive

このビジターセンターへ来るときに通って得た土地勘もあって、
迷わずに走っていると目的地の標識があった。
車に乗ったままバードウォッチングできる。


photo 1
photo1 ブラック・ポイント・ドライブ Black Point Wildlife Drive
車は一方通行で走行することになっていて、
走行距離は約 11㎞ ということだ。
要所にチェックポイントが設けられている。





photo 2
photo2 ブラック・ポイント・ドライブ Black Point Wildlife Drive
メリット島国立野生動物保護区の立札



photo 3
photo3 ブラック・ポイント・ドライブ Black Point Wildlife Drive
車で観て回るようになっている。
先行する車が一台あったが、
特に双眼鏡なども持っていなかったようで、
ただの観光目的で来たのだろう。



photo 4
photo4 ブラック・ポイント・ドライブ Black Point Wildlife Drive
所どころに観察小屋がある。
近くには小さな駐車場があり
車を置いて歩いて行くことになる。



photo 5
photo5 ブラック・ポイント・ドライブ Black Point Wildlife Drive
この観察小屋の入り口には
"Wading Bird" というイラスト付き立札があった。



Wading Bird 渉禽類 (しょうきんるい)
 嘴くちばし・頸・脚などが長く、水中を歩き餌をあさるのに適している鳥類の総称。 コウノトリ類、サギ類、ツル類、シギ・チドリ類を含む。
by 広辞苑第六版より引用




如何にもサギ類が好みそうな場所ではあったが、
ここには何もいなかった。

こんな絶好の場所にいないとなれば先行き不安になって来るのだが、
別の場所にいてくれた。



Merritt Island National Wildlife Refuge
Atlantic coast of Florida, USA
2013/06/02 Photo by Kohyuh














渡り
 サンショクサギは、主に北米の東部湾岸沿い、フロリダ半島などの塩水低湿地やマングローブスワンプ留鳥として棲息する。 また、カリフォルニア南部沿岸部などでは冬鳥として訪れる。


スワンプ swamp
沼沢地、湿地
by パーソナル英和辞典より引用
cf. ラグーン
cf. 潭・沼・池・湖の違い




食べもの
 サンショクサギは、浅瀬を歩き回って小魚などを捕食する。 また、他にもカエルなどの両生類や、昆虫、甲殻類なども捕食する。


 見た目はアオサギに近いと思うのだが、採餌行動は待ち受け型ではなく、コサギの様に動き回って獲物を探す行動型である。




名前の由来 *31
 サンショクサギの名前の由来は図鑑にはないが、羽衣に白・黒・茶の三色が確認できるので、見た目どおりの命名といえよう。








学名の意味
Egretta aigretta シラサギ (フランス語由来)
tricolor tricolor 三色の (tri 三つの、color 色)
by 野鳥の学名入門 (くまたか) 引用




英名の意味
tricolored 3色の tri + color
heron 〔鳥〕 サギ
by パーソナル英和辞典より引用








関連記事
サギ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 ・2013/06/02 マイアミ到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2016/12/10 サンショクサギ若鳥 photo20130605 追加
2015/05/04 初版公開










サンショクサギ  (三色鷺) Tricolored heron (Egretta tricolor) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾