八幡次郎好酉の鳥紀行





スペースシャトル発射台遠望 ケネディ宇宙センター Kennedy Space Center, Merritt Island, Florida, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
ブロンズトキ  (ブロンズ朱鷺)

ブロンズトキ 若鳥 (6態)
ブロンズトキ (6態-1) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island, 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ブロンズトキ (6態-2) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island, 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ブロンズトキ (6態-3) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island, 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ブロンズトキ (6態-4) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island, 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ブロンズトキ (6態-5) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island, 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ブロンズトキ (6態-6) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge Merritt Island, 2013/06/02 Photo by Kohyuh
ブロンズトキ 若鳥 (6態)





ブラック・ポイント・ドライブ
メリット島国立野生動物保護区
メリット島 フロリダ 米国

"Black Point Wildlife Drive"
"Merritt Island National Wildlife Refuge"
Merritt Island, Atlantic coast of Florida, USA
2013/06/02 Photo by Kohyuh




ブロンズトキ  (ブロンズ朱鷺)  *215_p120 2015/10/13
コウノトリ目 Ciconiiformes
トキ科 Threskiornithidae
 学名 Plegadis falcinellus
 英名 Glossy ibis
 全長 (L) = 58 cm
 留鳥 (フロリダ半島)
 渉禽類
 行動型採餌

戻る 2013年 6月 2日 次へ
 今の今までサギの仲間と思っていた。 よく見れば嘴が曲がっている。 それがトキ科の第一の特徴なのだ。

 cf. トキ科とサギ科の違い
 cf. "曲がる" と "反る"









分類は流動的
 ・・・ かといって、同じような湾曲した嘴を有するものなら、チュウシャクシギホウロクシギなどもいるので、これが決め手ではない筈だ。

 また、参考にした図鑑では、ここに記すようにコウノトリ目トキ科として分類されているが、最近の日本鳥類目録改訂第7版では、ペリカン目トキ科として分類されている。

 このことが意味するところは、時代と共に科学的知見が深まるにつれて、分類は流動的に変化して行くもののようである。 ここでは、分類にこだわって、とやかく詮索しないことにする。




両刀使い
 このブロンズトキは、塩水・淡水を選ばない。 また、主には水生動物を好むようだが、陸生の昆虫も捕食する。 こういった何でも食べる食性が地球規模で棲息範囲を広げることが出来たのであろう。 ただ、、その割には北米では内陸部には進出していないところが不思議なのだ。


 ・・・ 思うに、ブロンズトキの生息分布から判断すれば、彼らは寒いところは苦手のようである。 一方、北米の内陸部はと言えば、冬場は寒さ厳しいところが多く、また、そうでないところは湖沼の少ない荒野が多い ・・・ こういった環境が好みに合わないのではなかろうか。








渡り *215_p114 by Wkipedia
 ブロンズトキは、トキの仲間では最も広範囲に、暖かい地域に地球規模で棲息する。 例えば、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアなどである。 北米に限定すれば、主にアメリカ合衆国南部岸部、フロリダ半島、キューバなどに留鳥として棲息する。




食べもの by Wikipedia
 ブロンズトキは、動物食性で主に水生昆虫やその幼虫、トンボ、バッタ、コオロギ、ハエ、小魚などを捕食する。




名前の由来 *31
 ブロンズトキの名前の由来は図鑑にはないが、「ブロンズ色 (青銅色) をしたトキの仲間」 という、見た目どおりの命名だと思う。

 ただ、和名らしくない 「ブロンズ」 としたところが解せない。 英名や学名に使用されているのならわかるが ・・・








学名の意味
Plegadis ???
falcinellus falcinella 小さな鎌をもった
falx 鎌
by 野鳥の学名入門 (くまたか) 引用




英名の意味
glossy 光沢のある、つやつやした
ibis 〔鳥〕 トキの類の鳥
by パーソナル英和辞典より引用








関連記事
トキ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 ・2013/06/02 マイアミ到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2016/04/17 飛び姿(6態-6)追加
2015/10/17 飛び姿(5態-5)追加
2015/10/13 初版公開










ブロンズトキ  (ブロンズ朱鷺) Glossy ibis (Plegadis falcinellus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾