八幡次郎好酉の鳥紀行





スペースシャトル発射台遠望 ケネディ宇宙センター Kennedy Space Center, Merritt Island, Florida, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
キタオナガクロムクドリモドキ  (北尾長黒椋鳥擬)


キタオナガクロムクドリモドキ ♂ (2態)
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-1) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-2) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
あんた 誰や




キタオナガクロムクドリモドキ ♀ (4態)
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-1) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-2) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-3) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-4) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
さっきからなんやねん

眼が怒ってる ・・・
cf. キンバト




キタオナガクロムクドリモドキ ♂若 (4態)
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-5) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-6) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-7) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh
キタオナガクロムクドリモドキ (8態-8) ブラック・ポイント・ドライブ メリット島国立野生動物保護区 メリット島 フロリダ 米国 Black Point Wildlife Drive, Merritt Island National Wildlife Refuge, 2013/06/02, Photo by Kohyuh



キタオナガクロムクドリモドキ (計10態)
・・・ 雌雄で体の大きさが異なる ・・・

ブラック・ポイント・ドライブ
メリット島国立野生動物保護区
メリット島 フロリダ 米国

"Black Point Wildlife Drive"
"Merritt Island National Wildlife Refuge"
Merritt Island, Atlantic coast of Florida, USA
2013/06/02 Photo by Kohyuh




キタオナガクロムクドリモドキ  (北尾長黒椋鳥擬)  *215_p506 2015/10/20
スズメ目 Passeriformes
ムクドリモドキ科 Icteridae
 学名 Quiscalus major
 英名 Boat-tailed Grackle
 全長 (L) = ♂ 42 cm ♀ 37cm
 留鳥 (フロリダ半島)

戻る 2013年 6月 2日 次へ
 このキタオナガクロムクドリモドキという和名は、これまでのところ最長ではなかろうか。その命名の根拠を知りたいものだが ・・・ 今となっては無理な話ではある。勝手に想像するしかない。







統一性が感じられない
 鳥の名前にしても、植物の名前にしても、およそ統一性が感じられないのは仕方がない。 発見者に命名権が与えられているからである。 それがまた、研究者の励みにもなるのだ。

 cf. コメットハンター



 それに名前の付け方を詳細に規定・統一することが必ずしも得策ではない。 神の身ならぬ人間の考えは浅いものだ。 いつの時代でも受け入れられる普遍性をもたせることは至難の業である。

 私たちの個人名を見ても時代を反映していることがわかる。 今や、太郎・花子といった名前は少ないであろう。 それも名前だけの話ではない。

 かっての明治時代では新しい国づくりを目指して国語 (標準語) を策定して普及させようとしたことがあった。 もちろん失敗したのだが、誰しも、その気持ちはわからぬでもないだろう。





裁量権について
 要するに個人的な裁量権をどこまで認めるかという話である。 好き勝手の野放しでは社会的な秩序が護れないことは説明を要しまい。 やがて法律で個人的裁量権を規制することとなり、今に続いている。

 ただ、法律は文章で周知するしかないのだが、これも神の身ならぬ人間が作るものだから完璧である筈がない。 悪賢い者はその間隙を縫って他人に損害を与えたり、金儲けをしたりする。

 ただ、文章では表せない法律の不備は公序良俗といったもので補わざるを得ないのである。 これは曖昧と言えばあいまいで、眼には見えないものだが、その存在については疑いを挟む余地はあるまい。

 ここで個人的裁量権の範囲というものだが、『法律で規制されていないもの、かつ、公序良俗に反しないもの』 と定義できるのではなかろうか。 その範疇であれば実行しても罰せられることはない。

 ・・・ とすれば、話し言葉や、鳥の名前にしても、子供の名前にしても ・・・ 個人的裁量権でもって行使できるというものだ。 そこに統一性が感じられないのは自然の成り行きというものだ。

 cf. 解説付きの命名
 cf. コメットハンター
 cf. コンピュータの時代
 cf. ロマンはどこへ行った








渡り *215_p114 by Wkipedia
 キタオナガクロムクドリモドキは、アメリカ合衆国東部沿岸部・南部沿岸部、フロリダ半島などに留鳥として棲息する。




食べもの by Wikipedia
 キタオナガクロムクドリモドキは、雑食性で主に、節足動物、甲殻類、軟体動物、カエル、カメ、トカゲ、穀物、種子、フルーツ、ジャガイモなどの塊茎など、およそ何でも食べる、いわゆる清掃動物 scavenger といわれるものである。




名前の由来 *31
 キタオナガクロムクドリモドキの名前の由来は図鑑にはない。 ただ、「キタ・オナガ・クロ・ムクドリモドキ」 と区切ることが出来るだろう。

 ・キタ: 北方に棲むもの (この仲間は熱帯に棲むものが多いという意味を込めたのか?)
 ・オナガ: 「尾が長い」 というだけでなく、英名にあるように船形という意味あいもあろう。
 ・クロ: 色が黒い
 ・ムクドリモドキ: ムクドリモドキ科の鳥

 cf. 命名の妙
 cf. 感覚に合わない命名
 cf. 絶妙な命名
 cf. 理想的な命名
 cf. これは自信作?
 cf. 名前の情報報
 cf. 大胆な命名
 cf. 立派な命名
 cf. 心優しい人






学名の意味
Quiscalus ???
major major より大きな
by 野鳥の学名入門 (くまたか) 引用




英名の意味
boat-tailed ボート、船、船形のもの
[補注]
船形と言われてもピンとこない。
ボートを漕ぐオールのように見えなくもない。
grackle 〔鳥〕 オオクロムクドリモドキ (北米産)
by パーソナル英和辞典より引用








関連記事
ムクドリモドキ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
キタオナガクロムクドリモドキ 2 アメリカの鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 ・2013/06/02 マイアミ到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2015/10/20 初版公開










キタオナガクロムクドリモドキ  (北尾長黒椋鳥擬) Boat-tailed Grackle (Quiscalus major) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾