八幡次郎好酉の鳥紀行





野柳風景特定区 新北市 台湾
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |台湾編 (1) ||台湾編 (2) | ツイート |台湾編 (1) ||台湾編 (2) ||台湾編 (3) |



 
<<Home Page
コサギ (小鷺)

コサギ (4態)
コサギ (4態-1) 大胡公園 台北 台湾 Dahu Park, Taipei, Taiwan 2015/01/28 Photo by Kohyuh
コサギ (4態-2) 大胡公園 台北 台湾 Dahu Park, Taipei, Taiwan 2015/01/28 Photo by Kohyuh
コサギ (4態-3) 大胡公園 台北 台湾 Dahu Park, Taipei, Taiwan 2015/01/28 Photo by Kohyuh
コサギ (4態-4) 大胡公園 台北 台湾 Dahu Park, Taipei, Taiwan 2015/01/28 Photo by Kohyuh


コサギ 夏羽  (4態)
大胡公園 台北 台湾
Dahu Park, Taipei, Taiwan
2015/01/28 Photo by Kohyuh




コサギ (小鷺)  *214-84 2015/04/09
コウノトリ目 Ciconiiformes
サギ科 Ardeidae
 学名 Egretta garzetta
 英名 Little Egret
 全長 (L) = 60 cm
 留鳥 (台湾)

戻る 2015年 1月 28日 次へ
 この時期のコサギの蓑毛姿 (夏羽) はなかなかのものである。 繁殖期に "" をまとったような姿に変身するものだが、不思議なのは雌雄共に同じ衣装 (羽衣) で着飾ることだ。

 cf. 絵になる話





思考がとまる
 何でもそうだが、「不思議と思う」 のは、多くの場合、その人の見識のレベルの低さによるものである。 早い話が一人称で語る言葉であろう。 そこで、私は思うのだが ・・・ 身を飾るのは目立ちたいからであろう。

 また、「目立ちたい」 というからには、「誰から?」 ・・・ といった、意識する相手がいるに違いない。 そこで、私は思うのだが ・・・ 「それは選択権のあるメスからだ」 ・・・ ・・・ ・・・ といって、黙らざるを得なくなってしまう。

 cf. なぜ雌に選択権があるの


 これでは何も目立っていないことに気づくのだ ・・・ 雌雄同色雌雄異色夏冬同色夏冬異色といった鳥類の世界は多種多様で不思議に満ちていることに気づくのだ。


 このコサギの場合、繁殖期には夏羽換羽するのは良いとして ・・・ ただ、雌雄ともに同じように着飾るのである。 オシドリのようにオスだけが着飾るのではない。 だから、メスの気を引くためではないことは明らかだ。

 cf. 雌雄異色・夏冬異色などの例
 cf. 夏冬異色と夏冬同色について







成熟とは
 鳥でも人でも ・・・ まぁ、犬猫でも同じと思うが ・・・ 性的に成熟していることを 「成人」 とか 「成鳥」 という言葉を使う。

 そして成熟していることを外見的にも理解できるように装うことが種の保存には必要不可欠なことは言うまでもない。

 それはまた、一方では未成熟なものを保護するという目的もあるのだ。 それなくして種の保存もないとも言えるだろう。

 cf. ルリビタキの婿選び
 cf. 種の保存の原則
 cf. 種の保存のための渡り



痴漢だらけ
 人間社会でも、髪型や衣装や飾り物などで、未婚・既婚・未亡人などなど ・・・ 国や民族や宗教を超えて、それらが識別できる仕組みになっているようだ。 生物学的には繁殖を促す効果があろう。


 ただ、昨今では、その識別だけでは弱者を護れない時代になっているようだ。 テレビで観たが、『18歳になるまでは子供を1人で外出させない』 といっている人もた。

 例えば、小学校の登下校は保護者が付き添うというのが世界標準であり、日本のように一人で行かせる国は珍しい部類に入るようだ。


 その一方で、『痴漢注意!』 といった立て看板を全国津々浦々で見かけるが ・・・ 世界から見れば、日本は一見安全なようだが、実は危険に満ちているといっているのと同じではないか。 こういう国も珍しい。


 ただ、日本だけが痴漢 molester が多いという風には思いたくないし、そんなわけがない。 世界中が痴漢だらけに違いないのだ。

 そう言えば、女性専用の車両はヨーロッパでも見かけるようになったのは、その好例であろう。

 cf. リビドー
 cf. 愛と恋の違い
 cf. 本当の恋ってなんだろう
 cf. メジロガモの恋
 cf. ナベヅルの恋
 cf. アメリカヒドリの恋
 cf. アカハシハジロの恋
 cf. 思い通りにならないこともある
 cf. 人恋しい?
 cf. 失恋の痛手
 cf. コブハクチョウの恋の駆け引き




 だからこそ、そういった安上がりの立て看板だけでは子供たちを守れないと、保護者たちが行政を見限って、自ら行動を起こしたように思う。

 そこには、社会の眼が行き届かなくなった現実がある。 何事も強者の視点で動く世の中であり、また、有史以来、目立った生物学的進化を遂げていない気がするのである。

 即ち、人類が切望する安全性の高い世界を目指す道程は、モラルアップの進化しかないように思うのだが ・・・ それまでに絶滅するやもしれないほどの時間がかかるに違いない。

 cf. ソデグロヅル
 cf. 共存のモラルと進化論
 cf. モラルで守る
 cf. モラルアップの思い
 cf. モラルという制約
 cf. 経済活動とモラル
 cf. 当たり前のこと






発情期
 他の動物たちが手にした ・・・ というより、人類が手放した ・・・ 発情期という特質が問題をより大きくしているように思う。



 ・・・ とにかく、人間は季節を問わず、年がら年中 "発情期" という状態というから他の動物には理解不能であろう。

 そのリビドーが故に ・・・ それを制御出来ないままに ・・・ 古来から犯罪に走る例が後を絶たないのだ。

 それが権力者の場合は、犯罪という自覚すらない上に、罰せられることもなかったのだから始末が悪い。 被害者の悔しい思いは想像を超えたものであろう。

 cf. 文覚上人




 普通の動物ならば、発情期以外の間は、まぁ、子供でも安心して過ごせるだろう。 それに、発情期の場合でも、多くの場合、鳥類のように 『私は今、発情してますよ』 と書いたプラカードをもって歩いているようなもんだろう。


 だから、仲良くなりたいものだけが近寄ればよい。 嫌なものは遠ざければよい。 こういう風に、夏冬異色の世界は、なかなか合理的なものなのだ。




 だから、人類のように、痴漢に注意といった看板は不要である。 思うに、気が抜ける暇がない、誰が痴漢かわからない、といった状況が困るのだ。



プラカード placard
 スローガンや校名・国名などを書いて持ち歩く、柄のついた看板。 デモ・入場行進などに使う。
by 広辞苑第六版より引用




スローガン slogan
 (もとは、スコットランド高地兵の唱える鬨ときの声)
 ある団体・運動の主張を簡潔に表した標語。
by 広辞苑第六版より引用






コサギの名前の由来
コサギの渡り
コサギの食べもの
コサギの学名の意味
コサギの英名の意味







関連記事
サギ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
コサギ 1 日本の鳥
コサギ 2 台湾の鳥
雨具
小鷺 辞書の意味
パドリング 小魚を追い出す手段








cf. ツイート過去ログ ・・・ 台湾編 3 (2015/01/26 - 2016/02/25)
 (01) 2015/01/28   大胡公園 定番の善哉
 (02) 2015/01/28   大胡公園
 (03) 2015/01/28   大胡公園




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。









履歴
2015/04/09 初版公開











コサギ (小鷺) Little Egret (Egretta garzetta) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾