八幡次郎好酉の鳥紀行





ミシシッピ川 ニューオーリンズ Mississippi River, New Orleans, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
オジロハイイロタイランチョウ  (尾白灰色太蘭鳥)

オジロハイイロタイランチョウ(4態)
 オジロハイイロタイランチョウ 成鳥 (4態-1) フォンテーヌブロー州立公園 マンデビル ルイジアナ州 米国 Mandeville, Louisiana USA 2013/06/10 Photo by Kohyuh
 オジロハイイロタイランチョウ 成鳥 (4態-2) フォンテーヌブロー州立公園 マンデビル ルイジアナ州 米国 Mandeville, Louisiana USA 2013/06/10 Photo by Kohyuh
オジロハイイロタイランチョウ 成鳥 (4態-3) フォンテーヌブロー州立公園 マンデビル ルイジアナ州 米国 Mandeville, Louisiana USA 2013/06/10 Photo by Kohyuh
オジロハイイロタイランチョウ 成鳥 (4態-4) フォンテーヌブロー州立公園 マンデビル ルイジアナ州 米国 Mandeville, Louisiana USA 2013/06/10 Photo by Kohyuh
オジロハイイロタイランチョウ 成鳥 (4態)
フォンテーヌブロー州立公園 マンデビル ルイジアナ州 米国
Mandeville, Louisiana USA
2013/06/10 Photo by Kohyuh




オジロハイイロタイランチョウ  (尾白灰色太蘭鳥)  *215_P346 2017/10/01
スズメ目 Passeriformes
タイランチョウ科 Tyrannidae
 学名 Tyrannus caudifasciatus
 英名 Loggerhead Kingbird
 全長 (L) = 23 cm
 留鳥 (バハマ諸島)
 雌雄同色

戻る 2013年 6月 10日 次へ
 フォンテーヌブロー州立公園に見慣れぬ小鳥がいた。証拠写真も、この4枚しかないし・・・特徴があるようで決定的なものはないのだが、オジロハイイロタイランチョウとした。主に、バハマ諸島やカリブ海の島々に留鳥として生息するが米国本土では珍しいかも知れない。
 cf. 同定の根拠







 今、キーウェストからニューオーリンズまで来た。近くに世界最長のコーズウェイ橋 Causeway Bridge (38.4km) があると知って走って見ることにした次第である。

 ポンチャートレイン湖のど真ん中に架かっている橋だが、ただ橋を渡って見るだけなら止めていたかも知れない。橋を渡ったところにフォンテーヌブロー州立公園があると知ったことが・・・その気にさせたのである。。


ポンチャートレイン湖 Lake Pontchartrain
 ルイジアナ州で一番大きな塩水湖で、面積1,630平方キロメートル (km2) で琵琶湖の約 2.4倍になる。米国内でも2番目の大きさを誇る。ただ、平均水深は約4メートルと浅く、琵琶湖の十分の一程しかない。


琵琶湖のこと(淡水)
面積 669.23 km2
周囲長 241 km
最大水深 103.58 m
平均水深 41.2 m
by Wikipedia から引用


 ポンチャートレイン湖の名前はルイ14世時代のフランスの海運大臣であり財務大臣であったポンシャルトラン伯ルイ・フェリポー (Louis Phélypeaux, comte de Pontchartrain) に由来している。
by Wikipediaから流用





causeway-bridge_usa
世界最長のコーズウェイ橋 (11景)
Causeway Bridge (38.4km) 2013/06/10

 ニューオーリンズ近郊のポンチャートレイン湖 Lake Pontchartrain に架かるコーズウェイ橋 Causeway Bridge (38.4km) は世界最長という。・・・確かに長かったが、フロリダ半島を往復してきた後では、同じような風景を見てきたので特に驚くほどのものではなかった。

 cf. キーウェストに向かって (Seven Mile Bridge)
 cf. 大堤防へ




photo1

コーズウェイ橋の入り口

聞きなれない "No Tailgating" との交通標識があった。
調べて見ると・・・要は車間距離を保つことらしい、
tailgate = (他の車の)直後につけて走る




photo2

制限速度は65マイル(約104㎞)

・・・ポンチャートレイン湖 Lake Pontchartrainのど真ん中を走る・・・




photo3

"crossover #7 1/2 mile" の標識

・・・1/2マイル先に交差点 (#7) がある・・・




photo4

Remain in Lane

・・・走行車線を保て・・・




photo5

"crossover #5 1/2 mile" の標識

・・・1/2マイル先に交差点 (#5) がある・・・




photo6

交差点 Crossover

・・・ここでUターンできる・・・




photo7

これは人形ではない

・・・先に工事車両が止まっているのが見える・・・




photo8

レーダー設備まである橋の管理事務所




photo9

"Pass with Care"

・・・注意して通れ・・・




photo10

対岸が見えてきた




photo11

橋を渡り切って右折すると
フォンテーヌブロー州立公園がある筈だ




 2013/06/10 Photo by Kohyuh








fontainebleau-usa
フォンテーヌブロー州立公園 (7景)
Fontainebleau State Park 2013/06/10

州立公園
 アメリカ合衆国では各州毎に、それぞれ州立の公園(State Park)を有していて、州民の憩いの場として、また、自然保護の場として整備されている。

 このフォンテーヌブロー州立公園 Fontainebleau State Park は、ポンチャートレイン湖の北の湖岸にあって、広さは1,100ヘクタールあり、かつてサトウキビのプランテーションがあったようだ。

 cf. フォンテーヌブロー州立公園 フロリダ州
 cf. ストーン マウンテン パーク ジョージア州
 cf. スワニー川州立公園 フロリダ州
 cf. 火の谷州立公園 ネバダ州


photo1




photo2




photo3

ポンチャートレイン湖の対岸は水平線の彼方にある
水遊びをする人影もあったが遠浅のようである。




photo4

水遊びの人たちも木陰に陣取っていた




photo5

湖岸にはマングローブのように水に強い樹木が
涼しげな日陰を作っていた




photo6

ワンドのような入り江になっているところもある




photo7

レンタカーも木陰で一休み

日本では珍しいスパニッシュモスというものだが
コケでも寄生植物でもないそうだ。
こちらではよく見かけるものである。

cf. スパニッシュモス(2態)




 2013/06/10 Photo by Kohyuh






同定の根拠
 黒っぽい冠羽と顔、長くて中ぐらいの厚さの黒い嘴、尾羽の先の白斑、白い喉と体下面などが確認できる。
 cf. 同定とは




渡り *215_P346
 オジロハイイロタイランチョウはバハマ諸島、カリブ海の島々、ドミニカ、ハイチ、ジャマイカなどに留鳥として生息する。
 cf. タイランチョウ科 Tyrannidae の特徴




食べもの by Wikipedia
 オジロハイイロタイランチョウは飛翔性の昆虫、小さなフルーツベリー類、小さなトカゲ類などを捕食する。




名前の由来 *31
 オジロハイイロタイランチョウ(尾白灰色太蘭鳥)の由来について図鑑には記載がない。 しかし、「尾白」は尾の先が白いこと、「灰色太蘭鳥」は背部が灰色の太蘭鳥の仲間という意味であろう。







英名の意味
loggerhead 大きくてぶかっこうな頭
logger 樵(きこり)
head
kingbird [鳥]タイランチョウ 《北米産のヒタキに似た鳥》.
by weblio より引用






関連記事
タイランチョウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter June 10, 2013 世界最長の橋 コーズウェイ橋は 38.4kmで鳥観
 (2)_twitter June 10, 2013 フォンテーヌブロー州立公園 (1)
 (3)_twitter June 10, 2013 フォンテーヌブロー州立公園 (2)
 (4)_twitter June 10, 2013 ライブハウス
 (5)_twitter June 10, 2013 プランテーションハウス


補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。




アメリカ編に戻る




履歴
2017/12/13 バナー変更、スパニッシュモス説明変更
2017/10/01 「琵琶湖のこと」追加
2017/09/29 初版公開










オジロハイイロタイランチョウ  (尾白灰色太蘭鳥) Blue Jay (Cyanocitta cristata) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾