八幡次郎好酉の鳥紀行





タングルウッド ストックブリッジ マサチューセッツ州 アメリカ
Tanglewood, Stockbridge, MA, America
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
ルリツグミ  (瑠璃鶇)

写真①
(1) ルリツグミ ♂ 成鳥 ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国 Stockbridge, MA, America 2013/05/18 Photo by Kohyuh
ルリツグミ ♂ 成鳥
ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国
Stockbridge, MA, America
2013/05/18 Photo by Kohyuh



写真②
(2) ルリツグミ ♂ 成鳥 ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国 Stockbridge, MA, America 2013/05/18 Photo by Kohyuh
ルリツグミ ♂ 成鳥
ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国
Stockbridge, MA, America
2013/05/18 Photo by Kohyuh



写真③
(3) ルリツグミ ♀ 成鳥 ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国 Stockbridge, MA, America 2013/05/18 Photo by Kohyuh
ルリツグミ ♀ 成鳥
ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国
Stockbridge, MA, America
2013/05/18 Photo by Kohyuh



写真④
(4) ルリツグミ ♂ 成鳥 ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国 Stockbridge, MA, America 2013/05/18 Photo by Kohyuh
ルリツグミ ♂ 成鳥
ストックブリッジ マサチューセッツ州 米国
Stockbridge, MA, America
2013/05/18 Photo by Kohyuh




ルリツグミ  (瑠璃鶇)  *215_396 2014/09/02
スズメ目 Passeriformes
ツグミ科 Turdidae
 学名 Sialia sialis
 英名  Eastern Bluebird
 全長 (L) = 18 cm
 夏鳥ストックブリッジ

戻る 2013年 5月 18日 次へ
 ストックブリッジのモーテルにチェックインするとき、見るからにインドの人らしい服装と顔立ちの娘さんが応対してくれた。 そのとき、見所の一つとして教えてくれたのが聞き覚えのあるタングルウッドだったので驚いた。






タングルウッド Tanglewood
 小沢征爾を知っている人ならタングルウッド を知らない筈はなかろうと思う。 かって、彼が世界の若手音楽家をこのタングルウッドに招いてワークショップ形式で指導し、その成果を音楽会で披露したことがある。 そのテレビ番組を見たことがあるのだ。

 まさに、その風景に立ち会うことができたのだった。 想定外の思いがけない出逢いこそ旅の醍醐味というものだ。


 タングルウッドはボストン・シンフォニー・オーケストラ Boston Symphony Orchestra の夏場の活動拠点である。 また、小沢征爾が、その "BSO" の音楽監督を30年あまり務めたことは画期的なことだという。

 また、毎年ここで開催される音楽祭は、 "BSO" に限らず、クラシックはもとより、現代音楽からジャスやポップスまで、幅広いジャンルで催されるが、世界有数の観客動員数を誇るという。





タングルウッドの風景
芝生の広場
タングルウッドの風景 芝生の広場1
広い敷地内の中央部は芝生の広場となっていた。



タングルウッドの風景 芝生の広場2
敷地内には教室なのか、休憩所なのか、小さな建屋が点在し、
芝生の中を小路で辿れるようになっている。






小澤 征爾ホールのこと
 タングルウッドには、"Seiji Ozawa Hall" と銘打った音楽ホールがあった。 タングルウッドの中でも室内席を備えたホールとしては、一番大きい施設かも知れない。

 ここは、まだ音楽祭の始まる時節でもないのか、工事中の所もあってか、ゲートは閉まっていた。 どうしたものかと、悩んでいたら、『ただ見て回るだけなら入ってもいいわよ と教えてくれた人がいた。

 この入口から小澤 征爾ホールまではごく近いのだが、その小路が工事中のようで迂回せざるを得なかった。 ただ ・・・ そのおかげで色々と見て回ることが出来たのだった。








タングルウッド 小澤征爾ホール Tanglewood, Seiji Ozawa Hall
仮の入口・小澤征爾ホール・その内部・芝生席・銘板
仮の入口 タングルウッド 小澤征爾ホール Tanglewood, Seiji Ozawa Hall
この日は工事中だったが脇道から入ることができた。



タングルウッド 小澤征爾ホール Tanglewood, Seiji Ozawa Hall
1994年に建てられたもので、室内は 1180席だが、
ホール後方の扉を開放すると芝生からも楽しめる。
外壁はレンガ、室内は木材が使われている。



その内部 タングルウッド 小澤征爾ホール Tanglewood, Seiji Ozawa Hall
ガラス越しに内部を撮ったものだが、
シューボックス型で音響効果が高いといわれるのもうなずける。



芝生席 タングルウッド 小澤征爾ホール Tanglewood, Seiji Ozawa Hall
観客席後方の扉を開けば、
芝生に腰を下ろして音楽を楽しめる。



銘板 タングルウッド 小澤征爾ホール Tanglewood, Seiji Ozawa Hall
建設にあってはソニーが多額の寄付をしたので、
大賀典雄の名前も見られる。










ご当地のおすすめはステーキ
 ストックブリッジのモーテルの受付嬢がアメリカ料理ならこのお店といって、大体の場所と店名を教えてくれた。 何しろ、一本道であるから間違えようがない。


 それが ・・・ 二三回通り過ぎては引き返すことを繰り返したのだった。 それほどに目立たないお店であった。 ・・・ というより、想像していたような、如何にも立派なレストランといったものが目に入れば、どうしても周りが見えなくなる。




玄関脇の立て看板
 お店の玄関脇に立て看板があった。 『ジュウジュウいわせて丁寧に焼きあげたステーキをどうぞ!』 というようなニュアンスになるんだろうか。











パン類も美味しかった
 かって、ベーグルなど、あまり好まなかったパン類も美味しかった。 時代と共にパン作りも進化してきたのかも知れない。











クラムチャウダースープはアメリカの味クラムチャウダー
 クラムチャウダースープはアメリカの味。 必ずトッピングにクラッカーが添えられるてくるが、純粋にスープの味を楽しむのなら無用である。

 cf. トムヤンクン









アメリカンビーフも美味しいステーキ
 アメリカンビーフは霜降りを好む人はバカにするようだが、なかなかどうしていい味出していた。

 いかにも炭火焼のようで、また、小細工しない。 さすがは専門店である。









生演奏が始まっていた
 一階席の階段横では生演奏が始まっていた。 当初はBGMだと思って聞いていたのだが ・・・

 帰り際に、演奏中のおじさんに会釈を贈ると、笑顔で答えてくれた。














好意的なモーテルのオーナー
 翌朝、チャックアウト前に庭先でバードウォッチングしていたら、水撒きをしている男性がいた。 昨日、フロントにいた受付嬢の親父さんだと一目でわかった。


 前庭の木に小鳥がいること、タングルウッドへ行ったことなど、いろいろ話をしていると、『裏庭にはもっと鳥がいるよ』、とか、『私の部屋にはジャグジーがあるよ』 といって、ついて来るように手招きしてくれた。

 かなり距離があるので、裏庭に回ることなど頭にもなかったが、フロントからは簡単に行けるのだ。 また、階段を上がるとオーナーの部屋があり、確かに大きなジャグジーがあった。

 さらに裏庭にはプールがあった。 そういえば、アメリカのモーテルやホテルでプールが無いところはないと言える。 同じようにバスタブが無いところもないほどに、設備は規格でもあるのかと思ったほどである。


 このようにオーナーが好意を見せてくれたのは、穿った見方をすれば営業トークというものかも知れない。

 何事にも競争社会であるが故に、ホテルの評判は良いに越したことはない。 インターネットでの口コミも大切なものだ。 実際に、おじさんからも、よろしくと頼まれた。

 それに、タングルウッド音楽祭に来るのであれば、いつでも連絡を貰えたら部屋を用意して置くと言ってくれたのである。


 
確かに、そのような贅沢が出来るものならして見たいものだが ・・・





渡り *215_P896
 ルリツグミは、ロッキー山脈東部のカナダ南部からメキシコ湾岸諸州 Gulf states に至る地域、アリゾナ南部からニカラガに至る地域に分布する。

 ルリツグミの繁殖地はカナダ南部で、冬場には繁殖地南部へ、遠くはメキシコ東部に渡るものもいる。 メキシコ湾岸諸州では留鳥として棲息する。




食べもの  by Wikipedia
 ルリツグミの食性は昆虫食で、主に昆虫や他の無脊椎動物を捕食するが、冬場の昆虫が少ない時期にはフルーツベリー類なども採餌する。




名前の由来 *31
 ルリツグミの名前の由来については図鑑に記載はないが聞くまでもなかろう。 瑠璃色のツグミの仲間ということに違いない。

 cf. ツグミの名前の由来


 このルリツグミは、その愛らしさから愛鳥家に人気がある。 また、ニューヨーク New York や、ミズーリ Missouri の州の鳥 "State Bird" に指定されている。









英名の意味
eastern 東部の
bluebird [鳥] 青い羽の鳴き鳥、(米国産の)ルリツグミ
by パーソナル英和辞典より引用






関連記事
ツグミ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1) twitter May 17, 2013 典型的なモーテル
 (2) twitter May 17, 2013 Stockbridge 鳥観

 (1) twitter May 18, 2013 タングルウッド Tanglewood のある街
 (2) twitter May 18, 2013 写真をつけるとツイート出来なくなった





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。 但し、撮影日は日本時間である。





アメリカ編に戻る




履歴
2014/09/02 初版公開










ルリツグミ  (瑠璃鶇)  Eastern Bluebird (Sialia sialis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾