八幡次郎好酉の鳥紀行





グランド・キャニオン国立公園 Grand Canyon National Park, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
チャカタルリツグミ  (茶肩瑠璃鶫)

チャカタルリツグミ成鳥♂(6態)
チャカタルリツグミ(18態-13) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-14) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-15) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-16) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-17) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-18) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ成鳥♂(6態)




チャカタルリツグミ幼鳥(12態)
チャカタルリツグミ(18態-1) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-2) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-3) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-4) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-5) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-6) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-7) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-8) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-9) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-10) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-11) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ(18態-12) グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国 Grand Canyon National Park, Arizona, USA 2013/06/22 Photo by Kohyuh
チャカタルリツグミ幼鳥(12態)

チャカタルリツグミ幼鳥も、
見かけの姿は様々だが
いずれにしても
マダラ模様は幼鳥の印だ。

各個体の生育の度合いや
また、幼鳥とは言え
雌雄差の違いもあるのだろう。




チャカタルリツグミ (18態)
グランドキャニオン国立公園 アリゾナ州 米国
Grand Canyon National Park, Arizona, USA
2013/06/22 Photo by Kohyuh




cf. 此処は特別 ・・・ 見下ろすように鳥観
cf. グランドキャニオンの夕陽
cf. ググランドキャニオンの日の出
cf. グランドキャニオン巡り



チャカタルリツグミ  (茶肩瑠璃鶫)  *215_P396 2018/08/28
スズメ目 Passerine
ツグミ科 Turdidae
 学名 Sialia mexicana
 英名 Western Bluebird
 全長 (L) = 18 cm
 留鳥グランドキャニオン国立公園
 雌雄異色

戻る 2013年 6月 22日 次へ
 グランドキャニオンの断崖絶壁には、ところどころ潅木がへばりつくようにして生えている。その断崖横の遊歩道を歩いていると、そういった樹木が顔を覗かせているのだが、その中には枝葉をちょろちょろする小鳥の姿を見かけることがある。







此処は特別 ・・・ 見下ろすように鳥観
 普段のフィールドでは、ときに高木の中にいる小鳥の気配を感じても、双眼鏡でとらえたり、カメラでとらえたりするのは辛いものがあるだろう。そう簡単には隠れ上手な彼らを見つけられないのだ。要するに時間がかかるということだ。

 それだけではない。思うに、人間の身体の構造として、高いところにあるものを探すという動作には適していないと思うのだ。・・・腰を反らしたり、首を無理に反らしたりして探すことになるが・・・それも長時間になると・・・終いには首や腰が痛くなって来るのである。特に、ジャングルのような場所での鳥観 とりみ では、よく経験する話である。

 cf. "曲がる" と "反る"
 cf. 峯の白百合
 cf. ジャングルでの鳥観 とりみ
 cf. バーダー



 要するに、狩猟採集の時代から、頭上にある食べもの得るよりも、地上にある食べもの得ることに特化して、人類の身体は進化して来たのではなかろうか。

 言い換えれば、頭上より上にあるものを探すことには向いていない身体的構造になっているということだ。


 ところが、ここグランドキャニオン国立公園の断崖の遊歩道では、見下ろすようにして探すことになるので、とにかく身体は楽なのだ。







チャカタルリツグミのこと
 とにかくアメリカ合衆国は日本から比べると想像を絶する広さがある。ハワイ、アラスカを除いても、東西に移動すれば時差が変わって行き、最終的に4時間の時差がある。例えば、ニューヨーク・シカゴ・デンバー・ロサンゼルスは、それぞれに標準時を設けており、並び順に1時間ずつ時差があるのだ。



地域差のこと
 実は、この "Western Bluebird チャカタルリツグミ" によく似た "Eastern Bluebird ルリツグミ" がいるのである。要するに、アメリカでも西部地域と東部地域では、地形的に見て隔離されたようなものであり、よく似てはいるが「種レベル」の違いに分化したということであろう。

 cf. チャカタルリツグミとルリツグミの違い



 日本でも海などの地形よっては隔離されているようなところもあって、イシガキシジュウカラオサハシブトガラスのように、石垣島近辺にしかいないものもいるのだ。


 ただ、個人的にはそこまで区別する必要はないと思うのだが・・・いずれにしても分類そのものは技術の進歩とともに変化していくものである。特に遺伝子解析による近縁種と、どの程度の差があるか分かるようになって来たことがある。

 知りたいと思うのは、例えば、この "Western Bluebird" と "Eastern Bluebird" の遺伝子的距離が、どれ程のものなのかということである。


 cf. これは人間の業かも知れない
 cf. 分類について
 cf. 鳥類の分布は不思議
 cf. ルリビタキがツグミ科である訳
 cf. 驚いたこと ・・・ 日本産鳥類目録第7版の大幅改定のこと
 cf. サギ科のこと(分類考)
 cf. 鳥類の性格形成
 cf. 分類は分類






"Western Bluebird" と "Eastern Bluebird" の違い

チャカタルリツグミ♂
Western Bluebird

ルリツグミ♂
Eastern Bluebird
《チャカタルリツグミ》 写真はクリックで拡大する 《ルリツグミ》 写真はクリックで拡大する
 喉部は瑠璃色  喉部まで茶色
 

 




渡り *215_P396
 チャカタルリツグミは、グランドキャニオン国立公園では留鳥として繁殖している。夏場、カナダ東北部で繁殖するものは、冬場にはメキシコ北部などに渡って越冬する。




食べもの  by eXtension
 チャカタルリツグミの主な食性は昆虫食であり、よく地上でカブトムシ等の甲虫、ハチ、アリマキ、バッタ、クモなどを捕食する。
by eXtension より引用




名前の由来 *31
 チャカタルリツグミの名前の由来は、日本の辞典 *31 には記載がない。しかし、茶肩瑠璃鶫という漢字名から分かるように、「肩部が茶色い、瑠璃色をしたツグミの仲間」ということであろう。






学名の意味
Sialia North American bluebirds (北アメリカの青い鳥)
mexicana メキシコの
by vocabulary.com より引用




英名の意味
western 西の、アメリカ西部地方
bluebird 青い鳥 ・・・ blue (青い)、bird (鳥)
by weblio より引用






関連記事
ツグミ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ルリツグミ アメリカの鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter Jun 22, 2013 ルート66 "Arizona's Histric Rout 66 Passport"
 (2)_twitter Jun 22, 2013 ルート66 (2) かっての有名店
 (3)_twitter Jun 22, 2013 グランドキャニオン到着 サンセット





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2018/08/28 初版公開










チャカタルリツグミ  (茶肩瑠璃鶫) Western Bluebird (Sialia mexicana) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾