八幡次郎好酉の鳥紀行





スペースシャトル発射台遠望 ケネディ宇宙センター Kennedy Space Center, Merritt Island, Florida, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
クロエリセイタカシギ  (黒襟背高鷸)


クロエリセイタカシギ (9態)
クロエリセイタカシギ (9態-1) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-2) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-3) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-4) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-5) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-6) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-7) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (9態-8) メリット島国立野生動物保護区 Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
クロエリセイタカシギ (計9態-9)ブラック・ポイント・ドライブメリット島国立野生動物保護区メリット島 フロリダ 米国 2013/06/02 Photo by Kohyuh
セイタカシギの本領発揮!
何でもない干潟のように見えるが、
コチドリ程度の足の長さでは背が立たないであろう。





クロエリセイタカシギ (9態)
メリット島国立野生動物保護区
Bio Lab Road メリット島 フロリダ 米国
"Merritt Island National Wildlife Refuge"
Merritt Island, Atlantic coast of Florida, USA
2013/06/02 Photo by Kohyuh




クロエリセイタカシギ  (黒襟背高鷸)  *215_p172 2016/05/16
チドリ目 Charadriiformess
セイタカシギ科 Recurvirostridae
 学名 Himantopus mexicanus
 英名 Black-necked Stilt
 全長 (L) = 36 cm *215_p172
 留鳥 (フロリダ半島)

戻る 2013年 6月 2日 次へ
 セイタカシギを見誤ることはなかろうと思うが、さて、日本で見るセイタカシギとどこが違うのかと問われると返答に窮するに違いない。 単に、名前の由来にあるように 「襟が黒い」 といわれると、なるほどと簡単に納得してしまう。





安易な方に流れる
 色んな名前の由来を見てきたが、よく考え抜かれたものもあれば、逆にこだわり過ぎて難解なものになったり、無難に英名や学名といった先例に習っただけのものや、これまた逆に、先例を無視したものや、特権を生かすというのか個人名にしたり ・・・ いろいろだ。 まぁ、命名権は発見者にあるのだから別にかまわないのだが ・・・ 命名といったものには何かと人格が現れるものである。
 cf. コメットハンター
 cf. 解説付きの命名
 cf. 間違うこともある
 cf. 心優しい人
 cf. 命名の妙
 cf. カージナルでよいものを
 cf. これは自信作?
 cf. 感覚に合わない命名
 cf. 絶妙な命名
 cf. 大胆な命名
 cf. 名前の情報量
 cf. 理想的な命名
 cf. 立派な命名
 cf. 伝承も大切
 cf. 悪もいろいろ
 cf. 悪い雑草?






これは驚いた
 このクロエリセイタカシギが奈良、京都、大阪で多々生息していたというのである。 それも 2001年に個人によって飼育増殖された個体が故意に放鳥されたとされたようなのだ。 とんでもないことに、それも数百の単位で ・・・


 そこまで分かっているということは犯人の具体的な情報も得ている筈だが検挙に至らないのは法整備が未だ出来ていないのかも知れない。 さらに悪いことには、その後、日本産のものと交雑種が確認されているということだ。

 2001年に放鳥されたということは、八幡次郎好酉バードウォッチングに興味を持ち始めた頃であるが、これまで日本でクロエリセイタカシギを見たことがない。 生き延びていてほしいと思う心と ・・・ 自然はそんなに甘くはない。 100羽や200羽といった個体数では、もう日本では絶滅したのではないかという思いもあるのである。


 それならばそれで、異国の地とは言え、野生として精一杯生きた筈であり、まだ、心情として受け入れることができる。



 一方、ソウシチョウにしても、ガビチョウにしても、このクロエリセイタカシギにしても、彼らに罪がある分けではないことは明らかだ。 法の名において放鳥者を裁けないのならば、罪のない彼らを殺処分にするようなことは考えて欲しくないのである。
 cf. 侵入生物データベース
 cf. 籠脱け







渡り *215_p118
 クロエリセイタカシギは西部・東部沿岸部などが主な繁殖地であり、冬場はカリフォルニア半島、カルフォルニア湾岸などに渡って越冬する。 また、メキシコやアメリカ合衆国南部沿岸部、フロリダ半島南部、キューバなどでは留鳥として棲息する。




食べもの by Wikipedia
 クロエリセイタカシギは主に水生昆虫甲殻類、貝類、ミミズやゴカイ、小魚など捕食する。




名前の由来 *31
 クロエリセイタカシギの名前の由来は、漢字名が "黒襟背高鷸" とあるように、襟が黒いセイタカシギの仲間ということであろう。


 ・・・ ただ思うのだが、クロエリセイタカシギとしたのは、英名 (Black-necked Stilt) に頼るという安易な命名ではなかろうか。 日本のセイタカシギでも襟は黒いものである。 白い眉班の方がもっと特徴的でると思うのだが ・・・







学名の意味
Himantopus himantopus (合) 革ひものような足
imantas: 革ひも
pous: 足 Gk)
mexicanus メキシコの
by 野鳥の学名入門 (くまたか) 引用




英名の意味
black 黒い
-necked 首、襟
stilt [通例複数形で] 竹馬
by パーソナル英和辞典より引用








関連記事
セイタカシギ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
セイタカシギ 1 日本の鳥
セイタカシギ 2 ルーマニアの鳥
セイタカシギ 3 台湾の鳥
セイタカシギ 4 今が旬だよ











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 ・2013/06/02 マイアミ到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2016/05/16 初版公開










クロエリセイタカシギ  (黒襟背高鷸) Black-necked Stilt (Himantopus mexicanus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾