八幡次郎好酉の鳥紀行





グランド・キャニオン国立公園 Grand Canyon National Park, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
アメリカカケス  (亜米利加鵥)

アメリカカケス (7態)
アメリカカケス成鳥(7態-1) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス成鳥(7態-2) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス成鳥(7態-3) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス成鳥(7態-4) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス成鳥(7態-5) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス成鳥(7態-6) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス成鳥(7態-7) グランドキャニオン アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, Arizona, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
アメリカカケス 成鳥
グランドキャニオン アリゾナ州 米国
Grand Cayon National Park, Arizona, America
2013/06/23 Photo by Kohyuh




グランドキャニオンの断崖(2景)
グランドキャニオンの断崖(2景-1) アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
グランドキャニオンの断崖(2景-2) アリゾナ州 米国 Grand Cayon National Park, America 2013/06/23 Photo by Kohyuh
グランドキャニオン アリゾナ州 米国
Grand Cayon National Park, America
2013/06/23 Photo by Kohyuh



cf. 此処は特別 ・・・ 見下ろすように鳥観
cf. グランドキャニオンの夕陽
cf. ググランドキャニオンの日の出
cf. グランドキャニオン巡り


アメリカカケス  (亜米利加鵥)  *215_P360 2018/10/30 改
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 Aphelocoma californica
 英名 Western scrub jay
 全長 (L) = 28 cm
 留鳥 グランドキャニオン
 雌雄同色

戻る 2013年 6月 23日 次へ
 このアメリカカケスはカケスらしくないカケスといっていいかも知れない。勝手に 「カケスの典型」 と考えるアオカケスと比較すると ・・・ "冠羽" がない、また、翼や尾羽に縞模様がない・・・どちらかというとカササギオナガに似ている。また、アメリカカケスは住処 すみか によって僅かな違いだが・・・亜種とされているものも多々あるようである。







トサカと冠羽
 これまで 「冠羽」 の英語表記のことを考えたこともなかった。ところが、このアメリカカカケスのことをウェブサイトで色々調べていると、ここでいう 「冠羽」 のことを "crest" などと表記しているものが多い。

 また、確かに "crest" という言葉は、これまでよく見かけて来たのだが、多くはニワトリのトサカ(鶏冠)と訳されることが多かったと記憶する。ところがトサカは冠羽のイメージに合わないと思うのだ。早い話が、トサカ(鶏冠)のことを冠羽と言って欲しくない。


補注
 イメージ的な問題ではあるが、毛と羽を同じものとして受け入れられないという思いがある。羽は鳥類のものだ。

 ・・・ 発生学的には「毛と羽」は同じだと言われても ・・・ "crest" にトサカを含めないで欲しい。「毛と羽」を同じ使い方をすることはやめて欲しい。




 トサカ(鶏冠)では羽根 はね というよりも肉塊をイメージしてしまう。実際に、インドトサカゲリという "ケリ" の仲間がいるのだが、この場合のトサカ(鶏冠)は、英語で "wattle" 、即ち、肉塊という意味なので・・・大きさや形は違うがイメージ的にはトサカに近いと言えるだろう。今更ながら巧い命名だと感心する。

 cf. インドトサカゲリの名前の由来
 cf. 肉垂 ・・・ これがトサカ?



"crest" の意味
  (鳥の)トサカ、(鳥の)冠毛、(かぶとの)羽毛飾り
by weblio より引用



"crest" という英名を有する鳥たち
 ・アカハシハジロ
 ・エボシヒヨドリ
 ・オオヒタキモドキ
 ・カンムリオオタカ
 ・カンムリカイツブリ
 ・カンムリヒバリ
 ・キクイタダキ
 ・ニイタカキクイタダキ
 ・ハッカチョウ
 ・ミミヒメウ



トサカと冠羽の英訳
 ・・・ とにかくトサカ(鶏冠)と冠羽の英訳が鳥類用語としては、あいまいで、且つ、統一されていないというのが現状ではなかろうか。

 どなたかご存知であれば教えていただきたい。それまで、ここでは次のように勝手に使うものとする。

 
 冠羽 crest
 トサカ(鶏冠) wattle
 





カケスの典型はアオカケス
 そして、実際に "crest" という英名を有する鳥たちが多々いるのだが、冠羽のイメージに合うものもいれば、まったく合わないものもいて混乱するのである。特に、ここで "典型的なカケス" として頭に描いているアオカケスの英名には "crest" という語は使われていないのだ。

 思うに、特徴的な冠羽を有するアオカケスのことを、トサカの意味もある "crest" は使いたくなかったのではなかろうか。


カケスと一目で分かる条件 ・・・ アオカケスフィールドマーク
 ・冠羽がある
 ・翼に縞模様がある
 ・尾羽に縞模様がある

 この条件を満足すればカケスの仲間と断定してよい。更に、羽衣の色が青ければ、カケスはカケスでもアオカケスと断定してもよかろう。

 ただ、この三条件を満たすカケスは、実際には極めて少ないかも知れない。それでもカケスはカケスと分かるから不思議なものである
 cf. 不思議な能力




渡り *215
 アメリカカケスはアメリカ合衆国中部から西部の郊外や森林に広く留鳥として棲息している。




食べもの by Wikipedia
 アメリカカケスの食性は雑食性である。 主に昆虫フルーツベリー類ナッツ、ドングリ、種子などを採餌する。また、ときに小動物なども捕食する。
 cf. 貯食型散布
 cf. どんぐりの戦略




名前の由来 *31
 アメリカカケスの由来について図鑑には記載がない。 しかし、「アメリカカカケス」という和名から、アメリカに棲むカケスの仲間の意であることは説明を要しまい。







学名の意味
Aphelocoma 古ギリシャ語のラテン語化
(aphelḗs, “simple”) + Latin coma (“hair”)
californica カリフォルニアの
by Wiktionaryより引用




英名の意味
western 西部の
scrub (密集した低木の)やぶ、低木林
jay [鳥]カケス、口生意気でおしゃべりな人
by weblioより引用






関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
カケス 1 日本の鳥
カケス 2 ルーマニア、フランス、オランダの鳥
アオカケス アメリカの鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1) 2013/06/23 グランドキャニオンの夜明け
 (2) 2013/06/23 グランドキャニオン モハベ Mohave Point コロラド川




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2018/10/30 アメリカカケス(7態-5-7)、断崖(2景-2)追加
2018/10/16 初版公開










アメリカカケス  (亜米利加鵥) Western scrub jay (Aphelocoma californica) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾