八幡次郎好酉の鳥紀行





スペースシャトル発射台遠望 ケネディ宇宙センター Kennedy Space Center, Merritt Island, Florida, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
ツバメトビ  (燕鳶)


ツバメトビ (5態)
ツバメトビ (5態-1) マイアミ近郊 フロリダ 米国 near by Miami, Florida, USA 2013/06/05 Photo by Kohyuh
ツバメトビ (5態-2) マイアミ近郊 フロリダ 米国 near by Miami, Florida, USA 2013/06/05 Photo by Kohyuh
ツバメトビ (5態-3) マイアミ近郊 フロリダ 米国 near by Miami, Florida, USA 2013/06/05 Photo by Kohyuh
ツバメトビ (5態-4) マイアミ近郊 フロリダ 米国 near by Miami, Florida, USA 2013/06/05 Photo by Kohyuh
ツバメトビ (5態-5) マイアミ近郊 フロリダ 米国 near by Miami, Florida, USA 2013/06/05 Photo by Kohyuh


ツバメトビ (5態)
マイアミ近郊 フロリダ 米国
near by Miami, Florida, USA
2013/06/05 Photo by Kohyuh



ツバメトビ  (燕鳶) *215_p128 2017/01/15
タカ目 Accipitriformes
タカ科 Accipitridae
 学名 Elanoides forficatus
 英名 Swallow-tailed Kite
 全長 (L) = 58 cm *215_p128
 翼開長 (W) = 122 cm *215_p128
 夏鳥 (フロリダ半島)

戻る 2013年 6月 5日 次へ
 このツバメトビと出逢ったときには驚いた。普通、見知らぬ初見の鳥と出逢った場合ても、例えば、スズメに似ているとか、カワウに似ているなどと ・・・ まぁ、これまでに経験してきた鳥に例えて言えたのだ。










 それが ・・・ このときは、『ツバメに似ている』などという発想はまったく出てこなかったのだ。早い話が、最早ツバメという範疇では想像できない ・・・ 枠の外にあったということになろうか。それほどに馬鹿デカかったのである。


 それに、飛ぶスピードもゆったりとしていた。そういえば、今 ・・・ トビの仲間と言われれば、なるほどという感じがする。どちらかと言えばアメリカグンカンドリに似ていたのだが ・・・ 印象がまるで違ったのだ。とにかく、ツバメでもない、トビでもないという風に ・・・





表現方法の基本
 このツバメトビのように、今までにない新しい事や物やモノ等を人に伝えたり紹介したりする場合には、ちょっとしたことでも「似たもの」を例として示すことが出来れば理解されやすいものになる。まぁ、それが常套手段である。野鳥の名前にしても、何の名前にしても ・・・




 要するに、相手が知っているであろう関連ある概念を呼び起し、そこから連想させる表現を使うことが多い。また、その方が分かりやすくなることを知っているからであろう。

 cf. 伝承も大切
 cf. 心優しい人
 cf. 命名の妙
 cf. わる もいろいろ
 cf. カージナルでよいものを
 cf. 名前の情報量



 例え、それが意識的であれ、無意識的であれ ・・・ あたかも、あらかじめ定められた基本のようにして ・・・ 使われているのではなかろうか。

 広く世界に情報発信するための学術論文に限らず、狭い範囲に限られる業界用語しかり、隠語しかり ・・・

 cf. 名前の本質 (1)
 cf. 名前の本質 (2)
 cf. 情報Ⅰとは?
 cf. 情報Ⅱとは?
 cf. 情報Ⅲとは?
 cf. 情報の違い
 cf. 一人の世界
 cf. 二人の世界
 cf. 小グループの世界
 cf. 情報の汎用性
 cf. 杓文字




度忘れ
 例えば、ウクレレという言葉を度忘れして ・・・ 『ほら、あの瓢箪のような格好の楽器』、『ほら、ブル~ハワ~イ ・・・』などと歌いながらフラダンスの手真似をして見せれば ・・・ 遅かれ早かれ『ウクレレのことか?』ということになろう。

 それが ・・・ 事あるごとに認知症やも知れないと心配するお年頃の今日この頃、いつでも何でも、よく似た騒動の張本人であることに気が付くのである。煩わしくて仕方がない。

 cf. 似ているということは ・・・
 cf. 不思議な能力
 cf. 思い込みではないのか
 cf. 不思議な能力
 cf. 風土に似あう
 cf. 似顔絵
 cf. カエル似の鳥は珍しい





渡り by Wikipedia
 ツバメトビは、主に南米のベネズエラ、コロンビア、ボリビア、ブラジルなどに留鳥として棲息し、アメリカ合衆国メキシコ湾岸、フロリダ半島などに夏鳥として渡来する。フロリダでは、2月から9月頃まで見ることが出来るようだ。




食べもの by Wikipedia
 ツバメトビの食性は昆虫食で、主に空飛ぶ昆虫を捕食するが、いわゆる猛禽類であるから、小鳥やその幼鳥、ヘビ、トカゲなども捕食する。また、時にはキャノピー部にあるフルーツなども飛びながら採餌する。




名前の由来
 ツバメトビの名前の由来は、トビの仲間だが、深く切れ込んだフォーク形尾羽が燕尾 えんび に見えるところから「ツバメ」という冠が付いた。また、その優雅な姿から、北米の猛禽類の中では最も美しいとされているようだ。確かに ・・・ そうかも知れない。






学名の意味
Elanoides トビの属名
forficatus ~の仲間
by Wikipedia より引用




英名の意味
swallow-tailed ツバメの尾をした
swallow [鳥] ツバメ
-tailed 「~の尾の」「尾が~の」の意
kite [鳥] トビ
by パーソナル英和辞典より引用








関連記事
タカ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 ・2013/06/05 Seven-mile Bridge





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2017/01/15 初版公開










ツバメトビ  (燕鳶) Swallow-tailed Kite (Elanoides forficatus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾